「まだ、ひとつだけ、できることがある」
さあ、全国のミニシアターへ

2020 年、コロナ禍で全国のミニシアターが苦境に立たされた。映画の撮影現場もストップし、多くのスタッフや俳優が路頭に迷った。そんななか、ひとりの映画監督が立ちあがった。

「だったら、自主映画をやればいい。完成させて全国のミニシアターを回ろう」
シュシュシュの娘,画像
『22 年目の告白〜私が殺人犯です〜』『AI 崩壊』など最近はメジャー映画で知られる、今もっともアツい映画監督、入江悠。立ちあげたのが、『SR サイタマノラッパー』シリーズ以来 10 年ぶりとなる自主映画。それが『シュシュシュの娘』。

『シュシュシュの娘』予告編映像

入江はクランクイン前、3 つの夢を掲げた。
・仕事を失ったスタッフ、俳優と、商業映画では製作しえない映画を作ること。
・未来を担う若い学生達と、あらたな日本映画の作り方を模索すること。
・苦境にある全国各地のミニシアターで公開すること。
監督みずから出資し、その夢に賛同したクラウドファンディングの支援金のみで製作。スタッフ・キャストも、監督自身が SNS で募集した。
シュシュシュの娘,画像
2500 名を超える応募のなかから、福田沙紀、吉岡睦雄、根矢涼香ら出演キャストが選ばれた。スタッフには、NY で活動していたがコロナ禍で帰国できなくなった石垣求(撮影)や、仕事を失った者たち、大学が休校になり行き場を失った大学生らがつどった。

「食事と休息をしっかりとって、コロナに負けない現場へ」
入江のかけ声のもと、『シュシュシュの娘』は「CM の撮影よりも食事が豪華」(談:撮影助手)という近年では珍しい自主映画の現場になった。いま、世の中は息苦しく、もやもやした空気が立ちこめている。本作の主人公・鴉丸未宇(からすま・みう)もそんな街に生きている。移民排斥、改ざん、差別。日本のメジャー映画はこれらの問題から目を背けて久しい。でも、まだやれることがある。
シュシュシュの娘,画像
2020 年の夏に集結した映画人と学生たちの思いをのせて、いま『シュシュシュの娘』が世に放たれる。華麗に軽やかに、蝶のように舞い、蜂のように刺す。

さあ、全国のミニシアターへ

【関連記事】入江悠監督、タイトルは映画を観てのお楽しみ! 映画『シュシュシュの娘』撮影現場より 第1回

あらすじ

わたしって、そうだったの?
シュシュシュの娘,画像
福谷市のはずれで暮らす鴉丸未宇(からすま・みう/福田沙紀)、25 才。
朝の日課のダンスと、ちくわをつめたお昼の弁当が大好物。
ひとり身で祖父・吾郎(宇野祥平)の介護をしている。
市役所に勤めているが孤立している。
ただひとり寄り添ってくれるのは、同じ役所につとめる先輩の間野幸次(井浦新)だけ。
シュシュシュの娘,画像
そんなある日、間野が市役所の屋上から自殺した。理不尽な「文書改ざん」を命じられた末の死だった。悲嘆に暮れて帰宅した未宇に、吾郎は衝撃のミッションをつげる。
「仇をとるため、改ざん指⽰のデータを奪え」

未宇はひそかに⽴ち上がる。愛する間野の仇をとるため、暗雲⽴ちこめる市政に⼀⽮報いるため。
武器は、「普段から⽬⽴たないこと」。
「今までは、息をひそめて⽣きてきました。でも、今⽇からは」
福⾕市を愛⾞のスクーターで爆⾛する未宇だったが、その前には思わぬ壁が次々と⽴ちはだかり
シュシュシュの娘,画像
⼊江悠監督が『SR サイタマノラッパー2 ⼥⼦ラッパー☆傷だらけのライム』ぶりに放つ……
地⽅都市のニュー・ヒロインがいま誕⽣!
シュシュシュの娘,画像

キャスト

福田沙紀、根矢涼香、宇野祥平、金谷真由美、松澤仁晶、三溝浩二、仗桐安、安田ユウ、
山中アラタ、児玉拓郎、白畑真逸、橋野純平、井浦新

製作・脚本・監督・編集

入江悠

DCP / 88 分 / カラー / スタンダード / 5.1Ch (モノラル・センターのみ) / 2021 / 日本

制作プロダクション・配給:コギトワークス
公式HP:https://www.shushushu-movie.com
クラウドファウンディング H P
公式 Twitter
公式 Instagram
公式 YouTube
公式 note

公開日:8月21日公開劇場一覧

ユーロスペース、池袋シネマロサ、瓜連あまや座、新潟・市民映画館シネ・ウインド、ほとり座、シネマ・ジャック&ベティ、長野千石劇場、上田映劇、シネマスコーレ、出町座、京都みなみ会館、第七藝術劇場、豊岡劇場、横川シネマ、シネマルナティック、Denkikan、別府ブルーバード、シネマ 5/シネマ 5bis、宮崎キネマ館、ガーデンシネマ(6/18 現在)