食べかけのガムを食べるクラスメート・荒野役

『カメラを止めるな!』の主人公の妻役で大ブレイクしたしゅはまはるみ、映画『イソップの思うツボ』などに出演の藤田健彦、1980 年代より数々の舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」。

2019年、しゅはまと藤田が主演のルネシネマ第1弾、映画「かぞくあわせ」が池袋シネマ・ロサで記録的な動員を達成。ルネシネマ第2弾として企画・製作された本作『あらののはて』は、門真国際映画祭2020で最優秀作品賞、優秀助演男優賞、優秀助演女優賞の三冠を達成し、うえだ城下町映画祭 第18回自主映画コンテストでは、審査員特別賞(古廐智之賞)を受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020、日本芸術センター第12回映像グランプリでは入選を果たした。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭に「高校時代の自由奔放でキュートな姿と、8年前の感情をこじらせてしまった現在のイタイ姿の風子の対比がなんとも切ない」と評された主人公・風子役には、女優・ダンサー・振付家とマルチに活躍する舞木ひと美。風子が出した食べかけのガムを食べるクラスメート・荒野役には『無頼』(監督:井筒和幸)や主演作『僕たちは変わらない朝を迎える』(監督:戸田彬弘)で注目を集める髙橋雄祐。一途さと冷めた距離感が同居しているそのかわいさを古廐智之監督に評価された、8年後、荒野と同棲しているマリア役に眞嶋優。荒野が食べかけのガムを食べたのを見て嫉妬に狂う同級生・前田役に成瀬美希。

荒野に会うよう風子の背中を押す絵画教室の先生役でしゅはまはるみ、風子たちの担任の先生役で藤田健彦が、絵画教室の印象的な役所で、小劇場界のレジェンドである、劇団「動物電気」の政岡泰志や小林けんいちが脇を固めている。

この度、池袋シネマ・ロサでの8月21日(土)からの公開に先駆け、門真国際映画祭2020で優秀助演男優賞を受賞した荒野役の髙橋雄祐のオフィシャルインタビューが解禁となった。

Q.荒野をどう捉えましたか?廊下の走り方が独特でしたが、荒野のキャラクターを走り方で表したのでしょうか?

本読みの時に監督が「荒野は不思議くん」とおっしゃっていました。不思議くんってなんだろうと考えた時に、大多数とは違うという事なのではないかと思いました。街で高校生たちの仕草を観察したときに、大半はズボンかブレザーのポケットに手を入れていました。ブレザーの下に着たカーディガンのポケットに手を入れる人はいなかったので、そうしたら荒野らしさが出るかなと思いそうしました。特に高校生時代の荒野は理論や感情で説明することが難しく、自分は年を重ね頭で考えることが多くなってしまうように感じたので、荒野の心髄に迫るために川を無心でひたすら歩くなど年輪を剝がすような作業をしました。

Q. 年輪を剥がすというのは、具体的にどういうことですか?

例えば高校生役を演じる時に、今の僕より圧倒的に純粋で無邪気だと思うんです。実際の高校生より年を重ねている僕が同じことをやると、ただの「演じる」ということになってしまうので、「その人物になりきる」ことはできるけれど、その人物にはなれないと思います。「その人物になる」ためには、何も考えず何か自分の中で変化があるまでとにかく川辺で寝たりと、理論ではなく力技で年輪を剥がすやり方を試しています。

特報


Q.長谷川監督はご一緒していかがでしたか?

今作で長谷川監督は、感情のロジックよりも「そうだからそうなんだ」という現象を大切にされているように感じました。なので現場ではできるだけ理論で考えず自然に体が動くように心がけました。本読みやリハーサルでは明確にイメージを伝えてくださり、本番では温かく見守ってくださったので、のびのびと演じることができました。

Q.一つのものを一口ずつ食べるということはありますが、人が噛んだガムを噛むというのは見ていて衝撃的だったんですが、演じてみていかがでしたか?

荒野はとにかく感情がみえないので、できるだけその状態に自分自身がなれるよう無心で演じました。なので正直なところあまり覚えていませんが、風子がデッサン中に感じたエクスタシーのようなものを荒野はその瞬間に感じたのではないかなと思います。

Q.コロナ禍ではできないシーンですね。

そうですね!今だったらそういうシーンも厳しいので、コロナ前に撮れてよかったです。

Q.デッサンの仕方は監修の方などいたのですか?

いなかったです。実際には描いた絵は映さないと聞いていたんですが、自分でセットを買って、動画をひたすら見て動きをまねました。

Q.「人物モデルをして絶頂を感じる」というのは聞いたことがないので、参考にするものもなかったかと思いますが、デッサンをしながら見つめる視線など、何か工夫をしたことはありますか?

僕が与えようとしたものを風子が受け取ったのではなくて、僕が何かに没入していることを相手が汲み取って絶頂する方がいいと思ったので、与えないことを意識していました。

Q.門真国際映画祭2020で最優秀作品賞を受賞し、うえだ城下町映画祭で審査員賞を受賞した際の感想をお教えください。

初号試写で観た時に、「こんな表現をする監督がいらっしゃるんだ!」と長谷川監督のセンスに脱帽しました。なので沢山の方にその素晴らしさを知っていただき、評価していただきとても嬉しいです!

Q.読者の方にメッセージをお願いします。

この映画は、リアルな時間空間が切り取られていると思います。固定カメラでワンカットの長回しにより登場人物たちの不思議なやりとりや空気感、教室のシーンでは窓の外で雲の流れが一連で見れてしまう魅力もあります。もしかしたら「観る」というより「体感する」という方がこの映画の魅力が伝わるような気がします。ぜひ劇場で体感していただけると嬉しいです!
髙橋雄祐,あらののはて,画像

あらすじ

25 歳フリーターの野々宮風子(舞木ひと美)は、高校2年の冬にクラスメートで美術部の大谷荒野(髙橋雄祐)に頼まれ、絵画モデルをした時に感じた理由のわからない絶頂感が今も忘れられない。絶頂の末に失神した風子を見つけた担任教師(藤田健彦)の誤解により荒野は退学となり、以来、風子は荒野と会っていない。
8年の月日が流れた。あの日以来感じたことがない風子は、友人の珠美(しゅはまはるみ)にそそのかされ、マリア(眞嶋優)と同棲している荒野を訪ね、もう一度自分をモデルに絵を描けと迫るが…

キャスト

舞木ひと美 髙橋雄祐
眞嶋優 成瀬美希
藤田健彦 しゅはまはるみ
政岡泰志 小林けんいち 山田伊久磨
兼尾洋泰 行永浩信 小谷愛美 才藤えみ 佐藤千青 藤井杏朱夏

作品情報

監督・脚本:長谷川朋史
撮影・編集:長谷川朋史 撮影助手:大橋隆行/田口敬太/高柳友孝 録音:寒川聖美
美術:遠藤信弥/湯本愉美 メイク:佐藤健司/大貫茉央 スタイリスト:佐野 旬
スチール:市川唯人 車両:伊藤悌智 プロデューサー:舞木ひと美
製作:ルネサンスデザイニング有限会社 宣伝デザイン:菊池仁・田中雅枝
配給:Cinemago 配給協力:ギグリーボックス/シネマエンジェル
販売元:オデッサ・エンタテイメント
<2020 年/日本/カラー/16:9/DCP/69 分> ©ルネシネマ
公式サイト:https://runecinema.com/aranonohate/
Twitter: https://twitter.com/aranonohate
Facebook: https://www.facebook.com/rune.aranonohate

8 月 21 日(土)〜9 月 10 日(金)
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

あらののはて