「街の小さな映画館」企画始動!
第一弾公開!渋谷・ユーロスペース

このたび塚本晋也監督によるミニシアターの魅力を伝える動画「街の小さな映画館」企画が始動する運びとなりました。2015年に公開した『野火』で全国80館以上の劇場を行脚し、個性あふれるミニシアターの魅力に触れた塚本監督が、お世話になっている映画館に1館ずつ足を運び、その横顔を撮影した動画をYouTubeに順次アップしていきます!第一弾は『野火』のメイン館として今年も7年目のアンコール上映を控える渋谷のユーロスペースです。

毎年終戦記念日を中心に今夏7年目のアンコール上映を迎える塚本晋也監督の『野火』は戦後70年にあたる2015年に初公開された。多くのボランティアスタッフとともに完全自主製作により完成した『野火』は、この年塚本監督自身が代表をつとめる海獣シアターの自主配給により全国のスクリーンにかかることとなった。そして「塚本晋也、皆さんに会いに行きます!プロジェクト」と銘打ち、時には夜行バスやフェリーでの移動、カプセルホテルへの宿泊をしながら全国津々浦々の劇場を行脚するキャンペーンを行った。
その中で個性あふれるミニシアターの魅力に触れた塚本晋也監督が、お世話になっている映画館を1館ずつ訪れ、ミニシアターの魅力を伝える動画を撮影する「街の小さな映画館」企画がこのたび始動する。
撮影された動画はYouTubeチャンネルにて順次アップされる予定。

コメント

未曾有の事態の中格闘していらっしゃるミニシアター。
その魅力をもっと多くの人に知っていただきたい−。

戦後70年の年、『野火』の映画とともに全国のミニシアターを回り、
1館1館ひとつとして同じところはなく、館主さんの個性を反映したユニークな映画館がたくさんあることを実感しました。

日本各地の文化の多様性を担うミニシアターですが、コロナの状況の中、厳しい戦いを強いられています。
あらためてミニシアターへのエールを送らせていただきたいと思い、この動画制作を考えました。

どんどん作りたいと、はやる気持ちもあるのですが、まずは、毎年「野火」を上映してくださる映画館で、ご協力いただけるところだけでも1館1館、感謝をこめて作ってゆけたらと思います。ぜひご覧くださいませ。

やがて、「野火」という映画をさらに広げていく上で、あらたに上映してくださる映画館も撮っていくことができたら、と思っています。

ー塚本晋也

『「街の小さな映画館」第1回 渋谷・ユーロスペース』予告編映像


【塚本監督からユーロスペースへのコメント】
20代のころ、『ヴィデオドローム』や『エレメント・オブ・クライム』など大きな劇場では見られない濃くて深い映画を体験させてもらいました。数々の旧作を見る名画座体験とはまた別の、デラックスな新しい映画体験でした。『野火』ではメイン館として上映を買って出てくださいました。その後終戦記念日の日に毎年『野火』を上映してくださり感謝しています。

ユーロスペース
東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F
TEL:03-3461-0211
www.eurospace.co.jp
座席:スクリーン1・92席/スクリーン2・145席/ユーロライブ・178席

1982年渋谷区桜丘町に多目的ホールとして開館。オープニング作品は『ある道化師』。1985年公開の『ヴィデオドローム』より常設映画館となる。2006年に現在の場所に移転リニューアルオープン。映画の製作・配給も手がけ、レオス・カラックス、アッバス・キアロスタミなどの作品をいち早く日本に紹介。渋谷のミニシアターの草分け的存在。

【『野火』上映記録】
2015:7月25日〜10月9日 *舞台挨拶:7月25日/8月15日/9月18日/10月9日
2016:2月6日〜3月4日(再上映)、8月15日 *舞台挨拶:2月6日/2月20日/2月28日/8月15日
2017:8月15日 *舞台挨拶
2018:8月15日 *舞台挨拶
2019:8月15日
2020:8月15日 *舞台挨拶
2021:8月15日(予定) *舞台挨拶(予定)

『野火』戦後76年アンコール上映
2021年夏 渋谷・ユーロスペースほか全国にて