モトーラ世理奈、鈴木聖奈コメント
『Memories』『Dear Moon』 2本のショート・フィルム予告編

1983 年に『アイコ十六歳』で颯爽と商業映画デビューを果たし、少女の素顔を切り取った映画を数多く発表してきた今関あきよし監督は 21 世紀に入り、海外での映画撮影にこだわってきた。
しかし、海外での撮影が困難なこの時代に彼がみつけたものは、原点回帰とも言えるショート・フィルムであった。
それは約 30 分の間に起承転結の中から観客へ答えを提示するものではなく「音楽」、「映像」、そして詩を朗読するかの如き「台詞」により、観客自らが答えを探り出すというスタイルのもの。
それはまさに「映像詩」。
そんな新しいスタイルの映画作りに挑む原点となった 2019 年製作の『Memories』と、2020 年製作の『Dear Moon』の 9 月公開に向けて予告編が解禁となりました。

『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(06年)で大林宣彦監督からヒロインに抜擢された鈴木聖奈(『Memories』出演)からコメントが届きました。

<モトーラ世理奈 コメント>

今関監督と台湾で撮影した美味しい可愛いロードムービーとは、またガラッと変わった温度の映画、『Memories』。
『恋恋豆花』の撮影がクランクアップしたすぐ後に、この作品を今関監督と作りました。
この窮屈な日常のなかで、少し忘れていたかもしれない夢の中がここにある様な気がします。
『Memories』が皆様にどう届いて行くのか、その先が楽しみです。

<鈴木聖奈 コメント>

3 年前に撮影した思い出深い大切なこの作品が公開される事、本当に心から嬉しいです。
撮影時は厳寒で、栃木の廃校に泊まり込みで凍えながらの撮影、スタッフの皆様がヒーターを持ってきて下さったり、丁寧に声をかけて下さったりと、心は温かい撮影でした。
キャストの皆さんも素敵な方々で朗らかな穏やかな…陽だまりの様な撮影でした。
今関監督が 8 ミリカメラで撮った世理奈ちゃんの雰囲気ある画に、ポーラさん・日向子ちゃんの素晴らしい音楽…
そして監督に見守られ私もアフレコを重ね、大切に大切に、大きく育った Memories。
より多くの方に見て頂けます様に、そして楽しんで頂けたら幸いです。

『Memories』『Dear Moon』予告動画

『Memories』

ポール・ラザー(Paul Lazar) モトーラ世理奈 鈴木聖奈 石綿日向子
監督:今関あきよし
企画・製作:龍信之介/嶋田豪
脚本:小林弘利
音楽監督・作曲・アレンジ:ポール・ラザー(Paul Lazar)
©2019『Memories』製作委員会

『Dear Moon』

石井そら 祈覆 原田親 長田涼子 村松和輝 久保宏貴 岡村洋一
原案・監督:今関あきよし
脚本:小林弘利
撮影・編集:三本木久城
演出補:いしかわ彰
音楽:「Dear Moon」skymarines and similarobjects/「Ice Calling」VJyou and Rina Kohmoto/「dot」柳ひろみ
©DearMoon2020

配給・宣伝:アイエス・フィールド
公式HP:www.is-field.com/memo_dear/

9 月 18 日(土)より 下北沢トリウッドにて公開