松竹映画100 周年記念作品 / 山田洋次監督 最新作
映画を諦めた男が あの日の夢と家族の愛を取り戻す—。

映画の神様がもたらす奇跡と愛の物語に各界のレジェンドが大絶賛!!
キングカズ「泣いちゃうよね、これは。」
三浦知良&山田洋次監督の2ショット写真&コメント映像解禁

1920 年から、日本映画史を飾る傑作、ヒット作の製作、配給、興行を続けてきた松竹映画は昨年2020 年に100 周年を迎えた。そんな松竹映画100 周年を記念した作品となる『キネマの神様』(8 月6 日(金)公開)は、日本映画界を代表する山田洋次監督のもと、沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍ほか豪華キャストが集結。撮影の中断など幾多の困難を乗り越えた奇跡の作品として完成した。
映画を愛し、“キネマの神様”を信じ続けた主人公ゴウのもとに訪れる奇跡と家族の再生を描いた本作。8 月6 日に公開を迎えたばかりだが、本作を鑑賞した各界著名人から、続々と絶賛コメントが到着!!
三浦知良(プロサッカー選手)「泣いちゃうよね、これは。」、北川悠仁(ミュージシャン)「時代が変わっても変わらぬ”ものづくりの灯火”を、この映画から受け取った気がします。」、秋本治(漫画家)「楽しさと悲しさが同居して、映画の歴史を感じ、懐かしくなりました」、大竹しのぶ(女優)「これから続く映画100 年の為に、山田監督が本当に優しい作品を作ってくださいました。」、コシノヒロコ(ファッションデザイナー)「素朴で人間味あふれ、ノスタルジック。泣けた。」、坂本龍一(音楽家)「映画作りの現場を愛する者にはたまらない場面ばかり。」、鈴木敏夫(スタジオジブリ・プロデューサー)「ジュリーこと沢田研二とぼくは同い年。上京したのも同じ頃。だから、年を取っても、ぼくは彼から目を離せない。」など各界の神様と言っても過言ではないレジェンドな方々から、記念すべき感動作へのコメントが届きました。(以上、コメント一部抜粋)

コメント

プロサッカー選手 三浦知良
泣いちゃうよね、これは。
映画界で、今なお走り続ける山田洋次監督。
職業は違いますけど、やり続ける、創り続ける精神に憧れます。

ミュージシャン ゆず 北川悠仁
表層的な刺激や過剰なフックではなく、心の真ん中に暖かく響きました。
不器用ながらもひたむきにぶつかり合いながら、人間味あふれるものづくりに向き合う。
そんな情熱のある時代に憧れます。表現をすることが、どこか息苦しくなっている近頃。
それでも、時代が変わっても変わらぬ”ものづくりの灯火”を、この映画から受け取った気がします。
撮影中にコロナ禍となり、2 度の公開延期などいくつもの苦難を乗り越えて、ようやくたどり着いた作品だと思います。
キャストやスタッフの皆様、そしてなにより、山田洋次監督の映画への愛に脱帽です。

漫画家 秋本治
感動しました。当時の映画黄金期を思い出しました。
亀有の実家の隣りが映画館で、実家の庭から、映画の音楽が聴こえてました。
映画館は毎週満席で、立見が当たり前でした。封切り日は長蛇の列で、実家は人の波でした。
晩年は名画座となり、『キネマの神様』に出ている映画館の様になり、遠くから映画ファンが来てましたね。
『キネマの神様』は楽しさと悲しさが同居して、映画の歴史を感じ、懐かしくなりました。

女優 大竹しのぶ
人生において、いつが幸せだったのだろうか。
迷ったり、後悔したり。いつの間にそんなことも考えず必死に生きてゆく。
それでいい。神様は最後に必ず小さな愛をくださるのだから。
これから続く映画100 年の為に、山田監督が本当に優しい作品を作ってくださいました。

ファッションデザイナー コシノヒロコ
志村けんの代役を務めた沢田研二が、素晴らしいキャラクターを作り上げていた。
映画を愛して止まない一人の男の、過去と現在を行き来するファンタジー。
原作の発想が面白い。素朴で人間味あふれ、ノスタルジック。泣けた。

音楽家 坂本龍一
これこそ真に山田洋次監督にしか撮れない「写真」だ。
映画作りの現場を愛する者にはたまらない場面ばかり。

スタジオジブリ・プロデューサー 鈴木敏夫
昭和22、23、24 年、この三世代で800万人いた。
いわゆるベビーブーマー。その一番のアイドルがジュリーだった。
ジュリーこと沢田研二とぼくは同い年。上京したのも同じ頃。
だから、年を取っても、ぼくは彼から目を離せない。

歌人 俵万智
過去と現在だけではなく、 若い世代のお孫さんが、
おじいちゃんとの関わりの中で活躍するところに、 未来への希望を深く感じ、心に染みました。

あらすじ・ストーリー

若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として撮影に明け暮れる傍ら、食堂の娘・淑子(永野芽郁)、映写技師・テラシン(野田洋次郎)とともに夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかし、大きな挫折をきっかけに夢を追うことを諦めてしまう。あれから約50 年。かつて自身が手掛けた「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウ(沢田研二)の中で止まっていた夢が再び動き始める。これは、“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

作品情報

■監督 :山田洋次
■脚本 :山田洋次 朝原雄三
■原作 :原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
■出演 :沢田研二 菅田将暉
永野芽郁 野田洋次郎 / 北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
■主題歌 :「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records /EMI)
■配給 :松竹 ■コピーライト:(C)2021「キネマの神様」製作委員会
■公式サイト :https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama
■公式Twitter:https://twitter.com/kinema_kamisama
■公式Instagram:https://www.instagram.com/kinema_kamisama

大ヒット上映中