株式会社木下グループ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼グループCEO:木下直哉)とゴージャス・エンターテイメント(本社:米国ニューヨーク、社長:吉井久美子)は、共同製作中の新作ミュージカル「カラテ・キッド」(英題:The Karate Kid – The Musical)を2022年春に米国セントルイスにてワールドプレミア公演をすることを決定いたしました。ブロードウェイのトライアウト公演として、ミズーリ州セントルイス郊外のカークウッド・パフォーミング・アーツ・センターで展開される「ステージズ・セントルイス(STAGES St. Louis)」の2021−2022シーズン作品の1つとなります。本年9月からニューヨークでワークショップが開催され、来春に向けて鋭意製作進行中です。

カラテ・キッド,画像

(c)Ingrid Borecki

本ミュージカル「カラテ・キッド」は、1984年コロンビア・ピクチャーズ製作の大ヒット映画『ベスト・キッド』を、オリジナル映画版を執筆した著名脚本家ロバート・マーク・ケーメンが脚本、新鋭のドリュー・ガスパリーニが作詞・作曲を担当。演出は2004年に「太平洋序曲」で東洋人初のブロードウェイ・演出家デビューを果たした宮本亞門が手がけます。振付はダンス界の第一線で活躍するケオネ&マリ・マドリッド。その他クリエイティブチームには、日本から前田文子が衣裳デザインを担当する他、トニー賞受賞デザイナー陣、デレック・マクレーンがセットデザイン、ブラッドリー・キングが照明デザイン、そして日系アメリカ人の原田海が音響デザインを担当するなど、ブロードウェイの精鋭クリエイティブチームが集結しました。セントルイス公演後はブロードウェイ入りを目指して参ります。
世界中で30年以上にわたり愛され続ける人気映画シリーズであり、最近ではNetflix等でオリジナル映画版の34年後を描いた「コブラ会」シリーズが2018年より配信されていることで、本ミュージカル「カラテ・キッド」は米国で幅広い世代から注目を集めています。

〈セントルイス公演詳細〉

■タイトル:ミュージカル「カラテ・キッド」(英題:The Karate Kid – The Musical )
■日程:2022年5月25日〜7月3日(予定)
■劇場:カークウッド・パフォーミング・アーツ・センター(Kirkwood Performing Arts Center)メイン劇場
■シアター・カンパニー:「ステージズ・セント・ルイス(STAGES St. Louis)」はエグゼクティブ・ディレクター、ジャック・レーン(Jack Lane)のもと、35周年を迎えるシアター・カンパニーで、本2021-2022年シーズンは、新しいパフォーミング・アーツ・センターに拠点を移した後の初めてのシーズンになります。

〈クリエイティブ・チーム〉

■脚本:ロバート・マーク・ケーメン(Robert Mark Kamen)
■作詞/作曲:ドリュー・ガスパリーニ(Drew Gasparini)
■演出:宮本亞門(Amon Miyamoto)
■振付:ケオネ&マリ・マドリッド(Keone & Mari Madrid)
■セットデザイン:デレック・マクレーン(Derek McLane)
■衣裳デザイン:前田文子(Ayako Maeda)
■照明デザイン:ブラッドリー・キング(Bradley King)
■音響デザイン:原田海(Kai Harada)
■オーケストレーション:ジョン・クランシー(John Clancy)
■音楽監督:アンドリュー・レスニック(Andrew Resnick)
■製作:木下直哉(木下グループ)、吉井久美子(ゴージャス・エンターテイメント)、マイケル・ウォ
ーク (Michael Wolk/Wolk Transfer)

〈宮本亞門プロフィール〉
カラテ・キッド,画像

演出家  2004年、東洋人初の演出家としてニューヨークのオン・ブロードウェイにてミュージカル「太平洋序曲」を手がけ、同作はトニー賞の4部門でノミネートされる。ミュージカルのみならず、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として、活動の場を国内外へ広げている。近年の作品として、2020年10月、黒澤明監督の映画「生きる」をミュージカル化し再演、12月映画『チョコレートドーナツ』の舞台化の世界初演を演出。21年9月、オーストリアで話題となったオペラ「魔笛」の再演を予定している。20年にはコロナ禍で立ち上げた「上を向いて歩こう」を歌や踊りでつなぐプロジェクトの動画で話題を呼んだ。著書「上を向いて生きる」(幻冬舎)。

コメント

『オン・ブロードウェイに再度、挑戦します! アジア人演出家初めてのオン・ブロードウェイ演出から来年で18年。アメリカの地方にある劇場からスタートし、オリジナルミュージカル「カラテ・キッド」で米・ニューヨークの最高峰を目指します。日本では『ベスト・キッド』で親しまれた80年代の映画のミュージカル化ですが、映画のミュージカル化は失敗作も多く、それだけに舞台版は映画とは違う現代の視点が必要です。
我々は人類は今、あっという間にコロナ禍を経験して、不安の代償として、分断を高め、攻撃や殺戮を繰りかえしています。
そんな今だからこそ、私たちはこの舞台化で、未来を作っていく多くの人々向けて、カラテ本来の「カラテに先手なし」の精神を広げたいのです。カラテは、技を先に仕掛ける事を戒めているのではなく、争い事自体を戒めているのです。内に秘めたる力と、謙譲の心、和の精神をもって人に接すれば争い事など起こらない事を説いているのです。ですから舞台化も、主人公ミヤギの沖縄の精神も入れこみ、武器を持たず、血も流さないカラテの精神を基盤とし、大切な人を守り、目的を持って自立して生きることの精神を描きます。
また、この作品に係るスタッフ・キャスト一人一人も、未来を信じ、劇場に来ていただける観客の心に希望の火を灯そうと本気で取り組んでいます。台本は映画の原作者でもあるロバート・ケーメン氏とは、彼の経験でもあるこのストーリーを今一度紐解きながら、現代人にどう伝わるかを模索しています。またドリュー・ガスパリーニ氏の音楽は、親しみやすく、またミヤギの世界を崇高に壮大で、カラフルに、また心にも触れる歌と、美しいラブストーリーを導きます。そして振付は、キオネ&マリらにお願いして、カラテとダンス、コンテンポラリーと伝統をミックスした新たなスタイルを創りだしてもらいます。

精神性と鍛錬で、本当の強さを身につけた少年が、自分自身を変え、周りを変えていく、世界初カラテアクション・ミュージカルコメディ「カラテ・キッド」は、必ずや、国を越えて、多くの人に共感が広がり、分断とは反対の、認め合う共鳴の世界を広げるでしょう。
4年前から、ワークショップを重ねて創り上げてきた今作は、2022年にはセントルイスで、その後ニューヨークで上演予定です。どうか、皆さん、この新たな挑戦を見守ってください、応援よろしくお願いいたします。』

〈前田文子プロフィール〉

舞台衣装家  緒方規矩子氏に師事。文化庁在外研修員としてイギリスに留学。様々な劇場で研鑽を積む。芝居、オペラ、バレエ、ミュージカルなど、内外の多くの演出家のもと多数の舞台衣装デザインを手掛ける。伊藤熹朔賞、第10、25、28回読売演劇大賞優秀賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、橘秋子クリエイティブスタッフ賞、他多数受賞。最近の作品、「キネマの天地」、「東京ゴッドファーザーズ「リチャード2世」(新国立劇場)など。

〈吉井久美子プロフィール/ゴージャス・エンターテイメント概要〉

ゴージャス・エンターテイメント社長  ブロードウェイでの主なプロデュース作品には「プリンス・オブ・ブロードウェイ」、「ビー・モア・チル」、「太平洋序曲」(宮本亞門演出)、今秋公演開始のマイケル・ジャクソンの生涯を描いたミュージカル「MJ・ザ・ミュージカル」など。John GoreOrganization・EVP /国際事業開発担当、Japan Day @セントラルパーク・事務局長、Imagine NationB.V.・ディレクター、IN Asia B.V.・CEOを兼務。トニー賞選考委員、The Broadway Leagueメンバー、The New Group理事、The Drama League理事、The Prince Fellowshipアドバイザー、The Billy RoseTheatre Division at New York Public Library for the Performing Artsアドバイザリー・コミッティー・メンバー、Milan Musical Festivalクリエイティブ・アドバイザリー・ボード・メンバーなども務める。

ゴージャス・エンターテイメント(Gorgeous Entertainment)
1997年設立。ニューヨークを基盤に、ステージ、スペシャル・イベント分野でのプロデュース活動の傍ら、ブロードウェイ・ミュージカル作品およびエンターテイメント業界への出資事業、日本へのミュージカル招聘・ライセンス仲介を行っている。