コロナ禍 2 度目の夏、“生きる”ことの本質に触れるドキュメンタリー

インドネシア・ラマレラ村。人口 1500 人、太陽の土地を意味するこの村では、巨大クジラに挑むラマファ(銛もり打ち)は誇りであり尊敬を集める存在だ。手造りの舟と銛 1 本で、マッコウクジラに挑んでいく。クジラも負けじと舟に体当たりする。そんな生と死が拮抗する漁で得た獲物が、村人の命を支え、彼らは互いの和をもっとも大切にしながら生活している。自然とともに生き、命に感謝し、祈りを捧げ、実に 400 年もの間変わらぬ伝統の捕鯨を続けながら暮らす“くじらびと”の姿。
映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

厳しくも美しい、命のやりとりを通して、人間のみならず地球上にともに生きるものたちの眩しいほどに輝く生命力に満ちたドキュメンタリー映画。SDGs の原点がここにある。

自然とともに生きるラマレラの人々の日常を繊細に、時に臨場感あふれる映像で捉えたのは、写真家であり映画監督の石川梵。本作の中で、世界で初めてラマレラの鯨漁の空撮および水中撮影に成功している。彼らの生き方への深い理解と互いの信頼関係を 30 年という長い時間をかけて築いてきた石川監督は、2017 年から 2019 年までの3年間に撮影した映像を本作「くじらびと」として結実させた。

観たこともない映像にふれる、この夏唯一の体験が映画館の大画面に登場する!
映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

『くじらびと』予告編映像

あらすじ

インドネシア・ラマレラ村。人口 1500 人の小さな村。住民は互いの和を最も大切なものとし、自然の恵に感謝の祈りをささげ、言い伝えを守りながら生活をしている。中でもラマファと呼ばれるクジラのモリ打ち漁師たちは最も尊敬される存在だ。年間 10 頭獲れれば村人全員が暮らしていける。ともすれば死と隣り合わせの鯨漁で、それでも彼らはモリ 1 本で巨大なマッコウクジラに挑む。子供たちは彼らの姿を見て、自分もラマファになりたいと夢を見る。そうして 400 年、ラマレラの人々はここで暮らしてきた。

2018 年、ラマファのひとり、ベンジャミンが漁の最中に命を落とした。家族も村民も深い悲しみに暮れる中、父で舟作りの名人・イグナシウスはバラバラになりそうな家族の結束の象徴として、伝統の鯨舟を作り直すことを決心。1 年後、彼らの新しい舟はまだ見ぬクジラを目指し大海に漕ぎ出すー
映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

映画くじらびと,画像

監督・プロデューサー

石川梵

オフィシャル・サポーター

山田洋次
関野吉晴
中村征夫
宮崎学
髙橋ツトム
石川直樹
安田菜津紀

2021 年/ドキュメンタリー/日本/113 分/カラー/ビスタ/5.1ch
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会

配給:アンプラグド
公式HP:https://lastwhaler.com/
©Bon Ishikawa
映画くじらびと,画像

9/3(⾦)より新宿ピカデリーほか全国公開