解決屋“クロガラス”が
再び裏社会のトラブルを⼀掃!
東京アンダーグラウンド系アクション
エンターテインメントの続編が再降臨!

前作の『クロガラス1』『クロガラス2』は、舞台挨拶付上映会のチケット即完、そして上映期間延⻑というヒットを記録し、ミニシアターランキング 2 位に!
⾦さえ払えばどんな危ない仕事も引き受ける解決屋“クロガラス”。⾦と欲望渦巻く新宿歌舞伎町を舞台に、裏社会のトラブルを解決する東京アンダーグラウンド系アクションエンターテインメントとして誕⽣した「クロガラス シリーズ」の新たな物語として、前作からの続編『クロガラス 3』と、始まりの物語『クロガラス 0』がエイベックス・ピクチャーズ製作・配給によるオリジナル劇場映画として公開されることが決定した。今回の『クロガラス3』では解決屋VS解決屋の抗争が描かれ、『クロガラス 0』では、主⼈公・神崎⿊⽃の隠された過去が明らかになる。

クロガラス,画像

主⼈公・⿊⽃は、前作同様に崎⼭つばさが続投。崎⼭は、「紅⽩歌合戦」にミュージカル『⼑剣乱舞』の⼑剣男⼠として出演し、多くの⼥性ファンを魅了する 2.5 次元俳優神 7 のひとり。相棒の悠哉を、⻤滅の刃/A3!など⼈気作品に続々と出演している話題の俳優・植⽥圭輔が前作に続いて演じている。本作でメガホンをとり、脚本も⼿掛けたのは映画、TV ドラマなどの演出部として多数の映像制作に携わってきた経験を持つ⼩南敏也。眠らない街、歓楽街歌舞伎町を舞台に、主⼈公・⿊⽃を軸に“ダークヒーロー”が悪を⼀掃!爽快感MAXの振り切りエンターテインメントが再びファンを熱くする!

『クロガラス』予告編映像


公式iHP

blackcrow-movie.com / Twitter @blackcrow02019

あらすじ

[クロガラス 3]

解決屋 VS 解決屋 「クロガラス」VS「ホワイトナイト」
容赦のない対決が、いま始まる―!
⾦さえ払えばどんな依頼でも引き受ける解決屋「クロガラス」。
相変わらず依頼が絶えない事務所に、かつてこの街で四天王の⼀⼈と呼ばれた真柴理玖がやってくる。
仲間を裏切り、⾦を持って逃げた過去をもつ理玖だったが、またこの街で⼀旗揚げようと、解決屋「ホワイトナイト」を⽴ち上げるという。同じチームにいた悠哉は裏切られた⾟い過去を思い出し、激昂する。「ホワイトナイト」は汚い⼿⼝で勢⼒を拡⼤し、「クロガラス」の邪魔をしていた。そんな中、政治家・権藤の愛⼈である沙織が⾏⽅不明となる。2つの解決屋に捜索の依頼がくるが、それは「この街に解決屋は 2 つもいらない。」と考える、加奈井組組⻑の思惑だった。成功すれば、多額の報酬⾦。失敗すれば、この街から抹消。
2つの解決屋が必死に沙織を探すが、そこには思いもよらぬ事実が待ち受けていた―。
「クロガラス」VS「ホワイトナイト」の対決が、いま始まる―!

クロガラス,画像

[クロガラス 0]

神崎⿊⽃の隠された過去がついに明かされる!
クロガラス誕⽣までに何があったのか!?
まだ解決屋「クロガラス」ができる前のお話―――。⿊⽃は、新⼈警察官として、ある街に配属された。無秩序な街で、警察は⾦で買収され、腐った組織と化していた。
警察としての職務を真摯に全うする⿊⽃は、組織の中での⽴場を悪くしてしまうが、同じ課の警察官である兵頭に助けられる。兵頭は、⿊⽃を弟分として可愛がり、「この街を変えたい。」という思いを胸に、⼆⼈は協⼒して、街の秩序を正していく。そんなとき、次々と犯罪組織グループのアジトが強盗に⼊られる事件が発⽣。⼿⼝はどんどん荒っぽくなり、殺⼈事件にまで発展してしまう。
この事件の本当の⿊幕は―――?
そして、なぜ⿊⽃は解決屋になったのか――?
警察時代の⿊⽃の隠された過去、その全てが明かされる!!

クロガラス,画像

キャスト

崎⼭つばさ Sakiyama Tsubasa/役名:神崎⿊⽃
1989 年 11 ⽉ 3 ⽇、千葉県出⾝。
2014 年に俳優デビュー。ミュージカル『⼑剣乱舞』シリーズ、舞台『幽☆遊☆⽩書』など数多くの⼈気作品に出演。2017 年には CD デビュー。主な出演作に、映画『クロガラス』、ドラマ『140 字の恋』、舞台『幕末太陽傳 外伝』、『LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜』『TXT vol.2「ID」』など。

植⽥圭輔 Ueda Keisuke/役名:真郷悠哉
1989 年 9 ⽉ 5 ⽇、⼤阪府出⾝。
MANKAI STAGE「A3!」シリーズ、舞台「⽂豪ストレイドッグス」シリーズ、舞台「⻤滅の刃」シリーズなど、舞台を中⼼に⼈気とキャリアを積み上げてきた注⽬俳優。2018 年、ヤマハミュージックコミュニケーションズより CD メジャーデビューし、⾳楽活動にも活動の幅を広げている。

菅⽥俊 Sugata Shun/役名:加奈井
1955 年 2 ⽉ 17 ⽇、⼭梨県出⾝。
『仮⾯ライダーZX』の主⼈公・村⾬良役などで活躍後、劇団・状況劇場に⼊団し舞台でも活躍。その後は、映画・ドラマ・舞台・V シネマで精⼒的に活動している。また『キル・ビル Vol.1』『ラスト サムライ』など海外作品への出演も多数。

<クロガラス3>

渡部秀 Watanabe Shu/役名:真柴理玖
1991 年 10 ⽉ 26 ⽇、秋⽥県出⾝。
2008 年に第 21 回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞。2010 年には「仮⾯ライダーオーズ/OOO」で主演を務めて注⽬を浴び、連続テレビ⼩説「純と愛」や映画『進撃の巨⼈ ATTACKON TITAN』などに出演。ドラマ「科捜研の⼥」では第 16 シーズンから科捜研の物理担当・橋⼝呂太を演じている。

越智ゆらの Ochi Yulano/役名:⾹⽉沙織
1998 年 10 ⽉ 18 ⽇、⼤阪府出⾝。
2012 年、ファッション雑誌『Popteen』に登場し、中学⽣では異例のモデルに抜擢。2016 年にはスタイルブック『⼀⽣少⼥』(⾓川春樹事務所)を発売し、2018 年まで『Popteen』専属モデルを務めた。近年は映画『兄に愛されすぎて困ってます』(17)など、⼥優としても活躍の場を広げている。

<クロガラス0>

徳⼭秀典 Tokuyama Hidenori/役名:兵頭⼀⾺
1982 年 1 ⽉ 30 ⽇、東京都出⾝。
1995 年 NHK ⼤河ドラマ『⼋代将軍吉宗』で俳優デビュー後、ドラマ、映画などに多数出演。近年は精⼒的に舞台出演を重ね、活動の幅を広げる。主な出演作に、TV『⼭⽥くんと 7 ⼈の魔⼥』、『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』、『炎神戦隊ゴーオンジャー』、『仮⾯ライダーカブト』など。

中﨑絵梨奈 Nakazaki Erina/役名:佐和⼦
1993 年 6 ⽉ 8 ⽇、福岡県出⾝。
エイベックス・マネジメント所属。グラビア・⼥優・アーティストなど幅広く活動している。グラビアでは 2016 年に第 7 回ミスヤングチャンピオングランプリを、2019 年には第 2 回サンスポ GOGO クイーングランプリを獲得。⼥優としては、2020 年放送『仮⾯ライダーゼロワン』、『TTFC 産直シアター仮⾯ライダーセイバー』に出演をするなど活躍中。

監督

監督/脚本:⼩南敏也 Kominami Toshiya
1980 年⽣。静岡県出⾝。
映像関係の専⾨学校を卒業後、会社勤務を経て、井⼝奈⼰監督作「⽝猫」に演出部として参加。以後、映画、TV ドラマなどの演出部として映像制作に従事。現在は、映画等の演出部と並⾏しつつ、V シネマ等でのディレクション、編集も⾏っている。
近年の演出部参加作品
【映画】
「まほろ駅前狂騒曲」(⼤森⽴嗣監督/瑛太、松⽥⿓平出演)
「ピースオブケイク」(⽥⼝トモロヲ監督/多部未華⼦、綾野剛出演)
「モヒカン故郷に帰る」(沖⽥修⼀監督/松⽥⿓平、柄本明、前⽥敦⼦出演)
「ディストラクションベイビーズ」(真利⼦哲也監督/柳楽優弥、菅⽥将暉、⼩松菜奈出演)
「ふきげんな過去」(前⽥司郎監督/⼩泉今⽇⼦、⼆階堂ふみ出演)
「ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-」(熊切和嘉監督/松⽥翔太、浜野謙太出演)
「光」(⼤森⽴嗣監督/井浦新、瑛太、⻑⾕川京⼦、橋本マナミ出演)
娼年」(三浦⼤輔監督/松坂桃李、真⾶聖、冨⼿⿇妙出演)
「⽇⽇是好⽇」(⼤森⽴嗣監督/⿊⽊華、樹⽊希林、多部未華⼦出演)
「鈴⽊家の嘘」(野尻克⼰監督/岸部⼀徳、原⽇出⼦、⽊⻯⿇⽣、加瀬亮出演)
「⺟を亡くした時、僕は遺⾻を⾷べたいと思った。」⼤森⽴嗣監督/安⽥顕 松下奈緒 ⽯橋蓮司 倍賞美津⼦
星の⼦」 ⼤森⽴嗣監督/芦⽥愛菜

【TV ドラマ】
「みんな!エスパーだよ!」(総監督園⼦温/染⾕将太、真野恵⾥菜、夏帆出演)
「ディアスポリス」(総監督冨永昌敬/松⽥翔太、浜野謙太出演)
「東京ヴァンパイアホテル」(総監督園⼦温/夏帆、冨⼿⿇妙、満島真之介出演

脚本

監督・脚本:⼩南敏也
エグゼクティブ・プロデューサー:⻄⼭剛史(エイベックス・ピクチャーズ)
プロデューサー:瀬⼾⿇理⼦(エイベックス・ピクチャーズ)/⼤野栞(エイベックス・ピクチャーズ)/久保和明(レオーネ)
制作プロダクション:レオーネ
宣伝・配給・製作: エイベックス・ピクチャーズ
上映時間:(クロガラス 3)70 分(予定)/(クロガラス 0)70 分(予定)
© エイベックス・ピクチャーズ

2021年9月3日よりクロガラス 3
9月17日よりクロガラス 0
2作連続公開