「皆さんの休息のひと時をこの映画と一緒に過ごしてほしい」
完成披露上映会イベントレポート

2021年11月の「FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦フォーラムエイトラリージャパン2021」の開催地となる愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、過去の確執と向き合い乗り越えようとする若者の“新たなチャレンジ”と、“故郷の仲間たち”との繋がりを移りゆく自然豊かな美しい四季折々オールロケで描き出す、心あたたまるヒューマンストーリー『僕と彼女とラリーと』が9月24日(金)より愛知・岐阜 一部劇場にて先行公開、10月1日(金)より全国公開となる。

父親との確執により過去にとらわれ将来に迷う主人公の青年・北村大河を『レディ・プレイヤー1』・『蜜蜂と遠雷』の森崎ウィン、大河の幼馴じみで自身のアイデンティティーに添い地元で暮らすシングルマザー・美帆を『おもいで写眞』・NHK「青天を衝け」の深川麻衣と人気実力派の俳優二人の共演が実現。脚本も手掛けた『今日も嫌がらせ弁当』の 塚本連平監督が、故郷でラリーを通して新たな目標にチャレンジする人々の物語を四季折々の自然とともに紡ぐ。

主演・森崎ウィン登壇した完成披露上映会実施!

待ちに待った観客の座席を通り抜ける形で、劇中のレーシングスーツを着た森崎が登場!観客の拍手が湧きあがる中、森崎の一言挨拶からイベントはスタート。「何よりも今日という日を迎えられてホッとしております。」と、本作の初めてのお披露目の喜びを語った。続いて、撮影ぶりに着用するレーシングスーツについて聞かれると「約1年ぶりに着たのですが、これを着るとどこかでヤリスが待っているのではないのかと思い、やる気が出ます。ですが、このスーツでお客さんと同じ場所をさっき通って来たので、だいぶ恥ずかしかったです(笑)」とコメントし、トークは本作にまつわる話題へ。

愛知県豊田市・岐阜県恵那市が舞台の本作。四季折々の美しい自然の中での撮影を、「自然豊かな街と心あたたかな現地の方々に囲まれて、素敵なキャストとスタッフ、監督に囲まれて、本当に人に恵まれて出来た作品です」と振り返った。

またヒロイン・深川麻衣について、「本当に気さくな方でして、実は同い年でもあり、同じく同い年の田中(俊介)くんと全員グループ出身という共通点もあったので、クランクインの日からスッと仲良くなれて、良かったです。」と、初共演の印象を語った。さらに本作には、西村まさ彦、佐藤隆太等、実力派俳優からガンバレルーヤ・よしこなど個性が光るキャストが出演。彼らとの撮影について「西村さんとのシーンの時に、撮影の前に役者の大先輩としてちょっとしたヒントをいただき、元々自分の思っていた台本の解釈と西村さんを前にした際の感情が全然変わり、本当に勉強になりました。そして、竹内力さんは、本当にパワフルでエネルギッシュで現場が明るくなるような、いていただくだけで「よし頑張ろう!」と“ギア”が入り助かりました。」と撮影を振り返った。

トークも中盤になり、ラリーカーの話題へ。撮影で実際にラリーカーに乗った森崎は、「撮影に入る前にプロの人に乗せてもらったのですが、めちゃくちゃ楽しくて、プロの運転はハンドルさばき、アクセルなど、身体にかかってくる重力を感じることができて、とても楽しく、ずっと叫んでいました(笑)」とその楽しさに太鼓判。また自身が出演した『レディ・プレイヤー1』ではガンダムに乗った森崎。ラリーカーとの乗り心地の違いを聞かれると「そこを比べますか(笑)免許が違うので、やっぱりできればどっちでもいきたいかな!と思います。」と、どちらも乗った森崎にしか答えられない回答で、会場の笑いを誘った。

さらに森崎演じる大河は、周囲の反対を押し切ってラリーに挑戦するという役どころ。これまでに周囲の反対を押し切って挑戦したことを聞かれると、「芸能界に入るにあたり、両親からの心配や不安が大きく、少し反対されていましたが、この世界でやっていきたいという思いが強かったので、反対を押し切って挑戦しました。最近のことで言うと、携帯を変えてから半年しかたっていないのに、友達の反対を押し切って新しい物に機種変更しました。」と自身と大河を重ねつつ、笑いを交えながら語った。

「僕と〇〇と〇〇」コーナー

トークも終盤になり、本作のタイトル『僕と彼女とラリーと』にちなみ、森崎が日々の中で大切にしてるものを「僕と〇〇と〇〇」という形でタイトルになぞらえてフリップで発表するコーナーに。「僕と“ミャンマー”と“B767”と」と、発表した森崎は、「国どころか、県をまたぐことすら難しいこのご時世ですが、B767とは、ボーイング767という飛行機の機体名です。ミャンマーに直行便を出している便の名前なのですが、これに乗って久しぶりにミャンマーに帰りたいな、という思いから、B767にしました」と語るも、さらに「乗られたことがある方はわかると思いますが、ボーイングは前輪にカメラが付いていて、タイヤからの目線を映像で見ることができるので、すごく良いんですよ」とマニアックな飛行機好きの一面も披露した。
僕と彼女とラリーと,画像
ここでイベント終了と思いきや、8月20日に31歳を迎えた森崎にバースデーサプライズが!MCの合図で赤い布をとると、ラリーの勝者が表彰式でシャンパンファイトをすることにちなんだシャンパンと、劇中で着用されていたものと同じデザインのヘルメットが登場!どちらも映画オリジナル仕様となっているスペシャルなプレゼントに!事前に知らされていない森崎は「すごい!本当ですか!ありがとうございます。とても嬉しいんですけど、(シャンパンは)大きくて家の冷蔵庫に入らないです(笑)こんなに日がたってもお祝いしていただけるのが初めてなのでなお嬉しいです!」と大喜び。今年の目標として、「何事にも誠実にコツコツとやっていくのはもちろんのこと、お世話になった方々へ恩返しができるようこれからも精進していきたいです。」と語った。
僕と彼女とラリーと,画像
最後に森崎から「最高の景色と心あたたまるヒューマンドラマです。映画館で映画が公開されるだけで心がいっぱいです。皆さんの休息のひと時をこの映画とともに過ごしてもらえればと思います」と、本作への思いを語り、本作らしい和やかな雰囲気に包まれながらイベントは幕を閉じた。

『僕と彼女とラリーと』予告編映像

あらすじ

順調とは言えない毎日、幼い頃から抱く父への不満、心に燻る微かな想い…
父の死をきっかけに繋がり始めた希望に向かって、アクセルを踏み込んだ――

大学入学を機に上京し役者を目指す大河(森崎ウィン)は、ある日、突然、地元で暮らす幼馴染の美帆(深川麻衣)から父(西村まさ彦)の急死を知らされる。父ラリーで数々の栄誉に輝いたメカニックで、今は豊田市の外れで「北村ワークス」を営んでいた。
しかし、大河は幼い頃死別した母を想い、家庭を顧みなかった父を今も許せておらず、釈然としない思いのまま久しぶりの故郷に帰る…。
地元で、シングルマザーの美帆や、父が若き日にともにラリーをめざした親友・宮本武蔵(竹内力)、路頭に迷う「北村ワークス」の従業員(田中俊介、小林きな子、有福正志)、エリート銀行員の兄(佐藤隆太)と向き合ううちに、父の残した本当の思いに気づき、自分自身と仲間たちの再起をかけてラリに−チャレンジしようと決意する。
生まれ育ったこの町で、未来に向かって走りだした先でみつけた“大切なもの”とは――。

キャスト

森崎ウィン 
深川麻衣 
佐藤隆太
田中俊介
小林きな子
有福正志
小林涼子
よしこ(ガンバレルーヤ)
竹内力
西村まさ彦

監督・脚本

塚本連平

主題歌

JOYRIDE / 加藤ミリヤ

製作:『僕と彼女とラリーと』製作委員会
制作:RIKIプロジェク
配給:イオンエンターテイメント / スターキャット
公式HP:bokukano-rally.com
(C)2021『僕と彼女とラリーと』製作委員会

10月1日(金)全国公開
9月24日(金)愛知・岐阜 一部劇場 先行公開