東京ドキュメンタリー映画祭 正式出品作品
長瀬由依監督オフィシャルインタビュー到着!

大槻泰永は、上京してから32年、サラリーマンをしながら真黒毛ぼっくすとして活動を続けているミュージシャン。酔いどれな印象ばかりが先行してしまうが、ライブ活動だけでなく、大槻の日常を追い、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)や石川浩司(パスカルズ/ホルモン鉄道/ex.たま)などのミュージシャン仲間や元妻、娘なども取材することで、大槻の新たな一面も垣間見れ、あがた森魚とのライブタイトルを冠した代表曲「酔いどれ東京ダンスミュージック」の歌詞の内容も深みを増して感じられてくる、愛すべきドキュメンタリーが誕生した。

酔いどれ東京ダンスミュージック,画像

本作監督の長瀬由依は、東京藝術大学に在学中の2016年の春、度重なる偶然の理由で大槻の主催するライブに行き、後日、最寄り駅で目の前を歩いていた大槻に声をかけたことが出会いのきっかけだった。その後何度か杯を交わし、その人柄に惹かれ、卒業制作として構想するも、撮影は2017年春から年末まで続き、未完のまま卒業。のちに完成した作品は、東京ドキュメンタリー映画祭の正式出品作に選ばれた。

本作は、2021年9月17日よりアップリンク吉祥寺にて待望の劇場公開が決定。名古屋・シネマスコーレでは10月9日より、アップリンク京都では近日ほか、全国順次公開される。この度、女性大生時代に、卒業制作として、中年ミュージシャンである大槻泰永さんを密着した長瀬由依監督のオフィシャルインタビューが届いた。

酔いどれ東京ダンスミュージック 長瀬由依監督

長瀬由依監督

「初めて酔っ払っていない大槻さんと話して興味を持ちました」

―― 本作は、ミュージシャンの大槻泰永さんを追ったドキュメンタリーですが、大槻さんを追ったドキュメンタリーを作ることになった経緯をお教えください。

大槻さんを初めて知ったのは、ライブに行ったからなんですけれど、そのライブに行った1ヶ月後位に当時の自宅の最寄駅でたまたま大槻さんに会って、その日自分も酔っ払っていたということもあるんですけれど、大槻さんに声をかけて、コンビニで缶ビールを買って一緒に飲みました。後日、大槻さんの方から連絡をもらって、初めて酔っ払っていない大槻さんと話して興味を持ちました。

酔いどれ東京ダンスミュージック,画像 酔いどれ東京ダンスミュージック,画像

―― 長瀬さんと大槻さんの娘さんの年が近いですが、女子大生が、お父さん位の年の大槻さんの日常を追っていると知った大槻さんの周りの方の反応はいかがでしたか?

特にこれといって特別な反応とかはなかったです。ただそこにいる人って感じで接してくれたので、私もすぐに緊張がとけて、真黒毛ぼっくすの空気に馴染むことができました。

―― 私はこの映画を見るまで大槻さんを存じ上げなかったのですが、あがた森魚さんや曽我部恵一や元たまの石川浩司さんなど有名なミュージシャンとも共演していることがわかり、びっくりしました。曽我部さんや石川さんなどとの共演を取材していかがでしたか?

それ以外のミュージシャンの方も、忙しいライブの前後とか、レコーディングの合間に取材をさせていただいたんですけれど、みなさん親切で、それ以外の時間もお話ししてくださいました。

酔いどれ東京ダンスミュージック,画像 酔いどれ東京ダンスミュージック,画像 酔いどれ東京ダンスミュージック,画像

―― 皆さん、大槻さんをリスペクトしている感じでしたか?

大っぴらにしているわけではなさそうですが、リスペクトをしている部分もあると思います。音楽も人柄も認めている感じがしました。

―― 東京ドキュメンタリー映画祭に選ばれた時の感想をお教えください。

すごく嬉しかったです。

ナレーションの有無については賛否両論

―― 観客の方からはどのような感想をもらいましたか?

ナレーションの有無については賛否両論で、ないほうがよかったんじゃないかという声の方が多かったです。自分でもいまだにどちらがいいかは分からないです。それ以外は、「こんなミュージシャンと共演しているんだね」とか、「大槻さんのダメっぷりが面白い」とかいう感想が多かったです。

―― ナレーションはどうして入れることになったんですか?

大槻さんを撮らせてもらう前に、それまでどういう作品を撮ったのかを見せたんですけれど、それがナレーションを入れた作品だったので、「ナレーションを入れて欲しいんだよね」と言われました。最初は断ったんですけれど、映像を繋げただけだと、大槻さんがどういう人なのかわからないんじゃないかなということで入れることにしました。

―― 大槻さんは、本作を見てなんとおっしゃっていますか?

自分が出ているからいいか悪いかわからないけどとおっしゃいますが、完成してすごく喜んでくれました。

―― 大槻さんは劇場公開が決まったと聞いて、なんとおっしゃっていましたか?

すごく驚いていました。「まさかあの作品がね」と喜んで下さり、その日にリモート呑みしました。

―― 本作の見どころはどこだと思いますか?

酔いどれ東京ダンスミュージック,画像 酔いどれ東京ダンスミュージック,画像

ライブ以外のシーンを見て欲しいなと思っています。ライブは結構カットしてしまっているので、ぜひ本物を見て欲しいんですけれど、大槻さんが普段歌っている時以外どういうことを考えているとか、酔っ払っているけれど、酔っ払っていない時とかもあるので、そういうのを見ていただければと思います。

―― 読者にメッセージをお願いします。

こんな状況ではなかなか難しいですが、酔いどれて楽しい気分になったり悲しい気分になったり、そういう時に思い出してもらえるような映画だと嬉しいなと思って作りました。ぜひ劇場に足を運んで観てもらえればと思います。


アップリンク吉祥寺では、上映後の1曲ライブ演奏付きのトークショーも決定している。

9月18日(土)午後の回 大槻泰永、石川浩司
9月20日(月・祝)午後の回 大槻泰永、石川浩司
9月29日(水)夜の回 大槻泰永、曽我部恵一

あらすじ

バンド・真黒毛ぼっくすの大槻泰永は上京してから32年、会社員として働きながら音楽活動を続けてきた。かつてはテレビ番組”イカ天”こと「三宅裕司のいかすバンド天国」にも出場し、同世代や憧れのミュージシャンとも共演してきた大槻は今、仕事中と睡眠中以外はだいたい傍にお酒がある、そんな生活を送っている。

ライブの最中に飲んだり、はたまた二日酔いだったり、時にはライブの前に飲みすぎて怒られたりと、その様に周囲の人々は最初は驚き振り回されながらも気がつけば渦の中に巻き込まれていく。

キャスト

大槻泰永 真黒毛ぼっくす
石川浩司(パスカルズ/ホルモン鉄道/ex.たま)
大木温之(ピーズ)  曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
知久寿焼(知久寿焼ちんどん楽団/パスカルズ/ex.たま)
中川五郎   ロケット・マツ(パスカルズ)

撮影・編集・監督

長瀬由依

2018/日本/カラー/57min/16:9/モノラル
公式ツイッター: @movie_yoidore 
公式Facebook:@movie.yoidore

配給:アルミード
公式HP:yoidore-movie.com
© Yui Nagase

9月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開