10/19~23 に開催の「第32回東京学生映画祭」
ゲスト審査員は坂本安美・柴崎友香・城定秀夫!!
若手活動弁士・山内菜々子による学生映画活弁企画も開催決定!

この度、10 月 19 日(火)〜23 日(土)に開催する「第 32 回東京学生映画祭」(主催:第 32 回東京学生映画祭企画委員会)は、ゲスト審査員を決定しました。
今年の学生映画の最高峰の作品を紹介する「東学祭コンペティション部門」を審査するのは、
・坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)

画像,第32回東京学生映画祭
・柴崎友香さん(小説家 「寝ても覚めても」など)

画像,第32回東京学生映画祭
・城定秀夫監督(映画監督 『アルプススタンドのはしの方』)

画像,第32回東京学生映画祭
のお三方です。
映画監督はもちろん、映画プログラマーから小説家まで、幅広い皆さまにお越しいただけることになりました。審査員の皆さまは、10/23 に LOFT9 Shibuya で行われる授賞式・トークイベントに出演いたします。
また、気鋭の活動弁士 山内菜々子さんによる、「夢の初共演!最年少活弁士×学生映画 in 東学祭」を実施します。巨匠・溝口健二監督『東京行進曲』、内田吐夢監督『漕艇王』といった巨匠の作品はもちろん、昨年度短編部門準グランプリ・曾祖父が活動弁士だったとの逸話も持つ千阪拓也監督『こちら放送室よりトム少佐へ』を、サイレントバージョンに再編集の上、活弁上映します。現代の学生映画を活弁する画期的な試みを、ぜひ目撃してください。上映後には、山内菜々子さん・千阪拓也監督によるトークも実施します。チケット発売は、10/1(金)の予定です。

画像,第32回東京学生映画祭

画像,第32回東京学生映画祭
詳しい情報は、https://tougakusai.jp/をチェックしてください。
第 32 回東京学生映画祭の会場は、ユーロライブ(渋谷)(10/19〜10/22)・LOFT9Shibuya(10/23)です。

【企画概要】
「夢の初共演!最年少活弁士×学生映画 in 東学祭」

トーキー映画の誕生以降、並外れた技術を持ちながらもその出番が減ってしまった活動写真弁士。気鋭の最年少活動写真弁士、山内菜々子さんが、曾祖父が活弁士だったという千阪拓也監督の昨年度東学祭準グランプリ作品『こちら放送室よりトム少佐へ』とタッグを組む当企画では、そうした技術のみならずその魅力を深掘りしていきます!さらに、内田吐夢監督『漕艇王』、溝口健二監督『東京行進曲』も活弁していただきます!上映後のトークもお見逃しなく!

日時:2021 年 10 月 23 日(土) 14:20〜16:10
場所:LOFT9 Shibuya
ゲスト:山内菜々子さん(活動弁士)
千阪拓也監督(『こちら放送室よりトム少佐へ』監督)

画像,第32回東京学生映画祭

「東京学生映画祭」について

「東京学生映画祭」とは、日本で一番長い歴史を持つ学生映画祭です。過去の出身者に
は『EUREKA』青山真治監督、『君に届け』熊澤尚人監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』
中村義洋監督、『君の膵臓を食べたい』月川翔監督、『ちはやふる』小泉徳宏監督、『溺れ
るナイフ』山戸結希監督をはじめ、現在の日本映画界の第一線で活躍する多くの才能を輩
出してきました。学生のみによる運営を特徴としており、都内大学生が企画運営していま
す。
http://tougakusai.jp
Facebook&Twitter&Instagram:@tougakusai