岸善幸監督が主演有村架純と挑む希望と再生の物語
キャスト&第一弾ビジュアル解禁!

「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にて 2018 年 1 月から連載が始まった原作・香川まさひと、作画・月島冬二による漫画「前科者」が、岸善幸監督により実写映像化され、WOWOW にて 2021 年 11 月には連続ドラマが放送・配信、日活・WOWOW の共同配給で 2022 年 1 月に映画が公開することが決定しました。

原作はテレビドラマ「監察医 朝顔」の原作や『クヒオ大佐』(09)や『羊の木』(18)といった映画の脚本も手掛ける香川まさひとが、罪を犯した「前科者」達の更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた作品で、2019 年「第 3 回さいとう・たかを賞」の最終候補に選ばれた社会派ヒューマンドラマです。

監督は岸善幸。2016 年に公開された『二重生活』で初めて映画監督を務め、翌 2017 年に公開された『あゝ、荒野』では、数々の賞を受賞するなど、今最も次回作が期待される岸監督が脚本と監督を務め、『あゝ、荒野』の公開から約4 年、満を持して『前科者』を本格社会派エンターテイメント作品として描き出します。

主演を務めるのは、大ヒット映画『花束みたいな恋をした』(21)での好演が記憶に新しい有村架純。有村が演じる主人公・阿川佳代は、罪を犯した「前科者」達の更生・社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司の女性です。

映画追加キャストに森田剛が決定!

約6年ぶりに映画出演となる森田が演じるのは職場のいじめが原因で同僚を殺めてしまった男・工藤誠。工藤は出所後、有村演じる佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたのだが、ある日、忽然と姿を消し再び警察に追われる身となってしまいます。

本作のオファーを貰った際に森田は「本作の脚本を読ませていただいた時に、自分に何かできるのではないかと直感的に惹かれました。」と話し、また、脚本を読んだ際に「今回演じた工藤誠を始め、何らかのトラウマを背負って戦っている人たちを描いている物語で嘘が無い脚本だと思いましたし、一人でも嘘があると成立しないとも思いました。少なからず、自分自身もそういう思いを持って生きているのを感じているので、すごく難しくもありますが、勝負をしてみたいと思い、出演をさせていただくことになりました。」と作品への意欲をみせています。

また、岸監督は森田の演技について「この映画にとって、罪を犯してしまった人間の存在感がとても重要だと考えていました。森田さんの設計する誠は気弱で優しく、常に罪悪感を背負っていました。それは本作品にとって大きな力となりました。」と語っています。更に本作へ森田を起用した理由を WOWOW 加茂義隆プロデューサーは「俳優・森田剛の魅力に取り憑かれ、いつか一緒に作品を作りたいと長く強く思い続けていました。本作の企画中に観劇した舞台「FORTUNE」に心打たれ、工藤誠役は森田剛しかいないと確信しました。有村架純、森田剛が演じる希望を持ちながら懸命に生きる人間模様。岸善幸監督渾身の一作を是非劇場でご覧ください。」と話しています。

あわせて映画版の第一弾ビジュアルも解禁。保護司と前科者、過去と未来を対比する印象的なキャッチコピーに、この物語、そして社会への向き合い方に一石を投じるような内容となっています。

本作の劇場公開に先駆け、今秋には WOWOW にてドラマの放送・配信を予定。新人保護司の阿川佳代が様々な「前科者」と向き合い成長する様を描くドラマとなっており、映画は佳代が保護司として凶悪犯罪やままならぬ現実に立ち向かう姿が描かれており、映画版は原作にはない完全オリジナル作品として描かれます。ドラマの放送後には Amazon Prime Video での見逃し配信も予定しており、まさに現代の映像プロジェクトを打ち出すメディアミックスでの大きな展開を予定しています。

森田剛コメント

本作の脚本を読ませていただいた時に、自分に何かできるのではないかと直感的に惹かれました。
今回演じた工藤誠を始め、何らかのトラウマを背負って戦っている人たちを描いている物語で嘘が無い脚本だと思いましたし、一人でも嘘があると成立しないとも思いました。
少なからず、自分自身もそういう思いを持って生きているのを感じているので、すごく難しくもありますが、勝負をしてみたいと思い、出演をさせていただくことになりました。
役作りにおいては事前に岸監督とお話する機会があり、疑問に思ったことも色々と話し合うことができました。岸監督は、役者をすごく信用している方で、自由にやっていいと任せていただけたので、それに応えたいなという気持ちで現場に集中できました。
有村架純さんとの共演シーンは、台本にない部分で気持ちがつながった演技ができました。
自分の中でも大切にしていたシーンだったので、集中して出し切れたなと思っています。
人は 1 人では生きていけないという、人との関わりを感じる作品になりましたので、是非ご覧ください。

岸善幸監督コメント

この映画にとって、罪を犯してしまった人間の存在感がとても重要だと考えていました。
森田さんの設計する誠は気弱で優しく、常に罪悪感を背負っていました。
それは本作品にとって大きな力となりました。

あらすじ

罪を犯した者、非行のある者の更生に寄り添う国家公務員、保護司。
保護司を始めて 3 年の阿川佳代(有村架純)は仕事にやりがいを感じ、様々な「前科者」のために奔走していた。
そんな中、佳代が担当している物静かな工藤誠(森田剛)は更生を絵に描いたような人物で、佳代は誠が社会人として自立する日は近いと楽しみにしていた。しかし、誠は忽然と姿を消し、再び警察に追われる身に。
一方その頃、連続殺人事件が発生。捜査が進むにつれ佳代の壮絶な過去や、若くして保護司という仕事を選んだ理由もが次第に明らかになっていき――。

キャスト

有村架純
森田剛

監督・脚本・編集

岸善幸

原作

「前科者」(原作/香川まさひと・月島冬二「前科者」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載))

制作プロダクション:日活・テレビマンユニオン
配給:日活・WOWOW
公式HP:zenkamono-movie.jp
© 2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

2022年1月 全国ロードショー