グルメ番組のように始まり、
家族制度の暗部に切り込む“ホームドラマ”

教育を受けた若い女性が、家父長制とミソジニー(女性嫌悪)に直面して味わうフラストレーションをドキュメンタリー的タッチで描く。同時に、2018〜19年に最高潮だった「シャバリマラ寺院への女性参拝問題」※もサブテーマとして現れ、伝統的ヒンドゥー社会での「穢れ」観にもメスが入る。公開後、多くの議論が巻き起こった話題作。第24回上海国際映画祭(2021年6月開催)でも上映された。

※同寺院は伝統的に女人禁制(初潮から閉経までの間の、子供を産める状態の女性の入山禁止)を敷いていたが、女性の法曹関係者による訴えが2018年に最高裁で結審し、女性参拝者の排除を違憲とした。

あらすじ

ケーララ州北部のカリカットの町で、高位カーストの男女がお見合いで結婚する。夫は由緒ある家柄の出で、伝統的な邸宅に暮らしている。中東育ちでモダンな生活様式に馴染んだ妻は、夫とその両親とが同居する婚家に入るが、台所と寝室で男たちに奉仕するだけの生活に疑問を持ち始める。

公式HP

https://imwjapan.com/

キャスト

ニミシャ・サジャヤン
スラージ・ヴェニャーラムード(ジャパン・ロボット)
T・スレーシュ・バーブ
アジタ・V・M
ラーマデーヴィ
カバニ
シッダールト・シヴァ

作品情報

監督:ジヨー・ベービ
音楽:スラージ・S・クルップ、マチュース・プリッカン
2021年/ マラヤーラム語/ 100分
ジャンル:ドラマ
映倫区分:G
配給:Space Box
©Cinema Cooks, ©Mankind Cinemas, ©Symmetry Cinemas
初回上映:インディアンムービーウィーク2021パート1(6月開催)

インディアンムービーウィーク(IMW)とは

インド映画に特化した映画配給会社Space Boxがセレクトした作品を、日本語字幕付きで上映する特集企画です。映画大国として知られるインドから、社会派ドラマからクライムスリラー、娯楽大作まで日本未公開作品を中心に紹介し、インド映画の多様性を味わえる企画を組んでいます。2019年に第1回を開催し、各年、10作品前後を紹介。2021年6月には5作品を紹介する「IMW2021パート1」を東京にて、7月には「タミル・クライム映画特集」を大阪で開催しました。
また、コロナ禍により劇場に足を運べない方々に向け、配信サービス「インディアンムービーオンライン(https://www.im-o.net/)」にて過去の上映作品の一部を有料配信しています。

関連記事:https://tokushu.eiga-log.com/new/91539.html

9月10日(金)より
キネカ大森にて開幕!

インド映画に夢中!インディアンムービーウィーク2021パート2、いよいよ9月10日(金)スタート!