娘を救う唯一の方法は、本当の”父親”を探すことだった

ムロツヨシ 初主演映画『マイ・ダディ』が、9月23日(木・祝)に公開いたします。本作は、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社が主催し、これまでに、 『嘘を愛する女』 、『哀愁しんでれら』 等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(以下、TCP)」 の2016年準グランプリ受賞作品です。

監督・共同脚本を務める映像作家の金井純一が2016年に開催された第2回TCPにおいて、総応募数422作品の中から準グランプリを受賞した企画。そんな本作の主人公・御堂一男を演じるのは、役者を始めて25年・今年45歳を迎えた俳優 ムロツヨシ。満を持して映画“初”主演をつとめ、愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な父親を演じました。娘<ひかり>役は第8回「東宝シンデレラ」オーディション ファイナリストの新星・中田乃愛が演じています。また、ムロツヨシ演じる一男の妻であり、ひかりの母・江津子役には奈緒が出演。さらに、毎熊克哉、臼田あさ美、永野宗典、「平成ノブシコブシ」の徳井健太、光石研ら個性豊かな俳優陣も集結!そして主題歌を務めるには、日本を代表するアーティストたちが集結したドリームバンド、カーリングシトーンズ!

公開まで1週間となり、SNSでは一足先に作品を観たファンから「一筋縄ではいかない父娘の物語で最後までひきこまれた」「家族や友人に会いたくなった」「久々にハンカチを思い切り濡らした」などの声があがっている本作!そしてこの度、オンライン限定解禁となる特別映像の第一弾として、ムロツヨシが演じる父・御堂一男と、中田乃愛が演じる娘・ひかりにフューチャーしたスペシャル映像“一男とひかりの親子編”が解禁となった。

今回解禁される映像は、牧師とアルバイトをしながら男で一つ、年頃の娘を育てる父・一男(ムロツヨシ)と、その娘・ひかり(中田乃愛)は少しぶつかりながらも仲良く暮らす様子が描かれている。

約束の時間に遅れ、怒られたひかりが「少し遅れただけでしょ、うるさいなあもう」と思春期の娘にキツめに面倒くさがられる姿も・・・。しかし、言われっぱなしではなく“あえて”大勢の前で「ああ言えばこう言う」と嫌みのようにボソッと話す一男。うんざりするひかりはまるで本当の親子を思わせます!さらにスペシャル映像とともに、2人の場面写真も合わせて解禁となりました。本作をより楽しんでいただけるオンライン限定特別映像は今後も解禁予定となっているため、是非ご期待下さい!

スペシャル映像“一男とひかりの親子編”

あらすじ

御堂一男(ムロツヨシ)は、中学生の娘・ひかり(中田乃愛)と2人暮らし。最愛の妻・江津子(奈緒)は8年前に他界。一男は小さな教会の牧師をしながら、ガソリンスタンドでアルバイトに励みつつ、ひかりを男手ひとつで育てている。思春期に突入したひかりはちょっぴり反抗的な時もあるが、優しくて面白いお父さんのことが大好き。牧師として多くの人に慕われ、たまに娘と些細な喧嘩をしながらも、2人の穏やかで幸せな日々は続いていく……と思っていた、ある日、突然ひかりが倒れてしまう。病院で下された診断は“白血病”。混乱し事実が受け入れられない一男だったが、担当医師からある衝撃的な事実を告げられる。なんと、愛する娘は、自分の実の子ではなかった。ひかりに適合するドナーは「数百万人に一人」という残酷な現実が一男をうちのめすが、「血縁者は適合率が上がる」という事実に気付いた一男は、ある思い切った行動に出る……。

キャスト

ムロツヨシ
奈緒 毎熊克哉 中田乃愛
臼田あさ美 徳井健太(平成ノブシコブシ)永野宗典 光石研

主題歌

「それは愛なんだぜ!」カーリングシトーンズ(ドリーミュージック)

作品情報

監督:金井純一
脚本:及川真実 金井純一
音楽:岡出莉菜
製作:中西一雄 有馬一昭 鷲見貴彦 広田勝己 渡辺章仁 加太孝明
プロデューサー:遠山大輔 村上公一 アソシエイトプロデューサー:小林麻奈実
ラインプロデューサー:和氣俊之  撮影:伊藤麻樹  照明:井上真吾
美術:小坂健太郎  装飾:小林宙央  録音:岩間翼  編集:日下部元孝
衣裳:加藤優香利  ヘアメイク:飯干美紀
スクリプター:湯澤ゆき  助監督:吉田亮  制作担当:田村拓之
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント  制作プロダクション:ROBOT
配給:イオンエンターテイメント
製作:「マイ・ダディ」製作委員会(カルチュア・エンタテインメント イオンエンターテイメント ベンチャーバンクエンターテインメント 毎日新聞社 ローソンエンタテインメント ROBOT)
©2021「マイ・ダディ」製作委員会

9月23日(木・祝)全国ロードショー!