佐久間由衣、公開初日に封切りの喜びを噛みしめる!

芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である君は永遠にそいつらより若いが実写映画化され、本日9月17日(金)より全国公開いたしました。本作は、卒業間近の大学生である主人公がなんとなく過ごす日常の中で、ふとした折に「暴力」「児童虐待」「ネグレクト」などの社会の闇と、それに伴うやり切れない「哀しみ」に直面する物語。9月17日(金)、本作の公開を記念し、初日舞台挨拶を実施し、主演の佐久間由衣、共演の奈緒小日向星一、そして吉野竜平監督が出席した。

君は永遠にそいつらより若い,初日舞台挨拶,画像

変わり者扱いされている大学生・堀貝佐世役の佐久間は「この原作とこの役柄を演じるのは簡単なことではないという気持ちがあったけれど、挑戦したかった。特別ではない、どこにでもいるような女の子を演じられるのは嬉しかった」と新境地開拓に手応え。堀貝佐世と特別な関係を築く猪乃木楠子役の奈緒は完成作に「映画を観終わったときに『明日を生きてみよう!』と思った」と前向きパワーをチャージ。堀貝佐世の友人・吉崎壮馬役の小日向は「原作も脚本も素晴らしく、キャストも素晴らしく監督も優しい。映像の仕事でここまでのセリフをもらったのは初めてだったので、それも嬉しかった」と喜びを報告した。

君は永遠にそいつらより若い,初日舞台挨拶,画像

それに吉野監督は「役者のみんなが台本を読み込んでくれて愛情を持ってキャラクターを演じてくれた。そんな幸せな作品作りの出来る現場でありがたかった」と感謝していた。

本作で初共演の佐久間と奈緒は、吉野監督の計らいで撮影期間前にティータイムを共にしたという。奈緒が「それがあったから、撮影ではナチュラルに入れた」と明かすと、佐久間も「そのお茶時間を忘れず、撮影でも関係性を重ねて行けたと思う」と相思相愛。佐久間は撮影を振り返り「撮影中に大変だと思ったことも、いざ振り返るとそんな大変さや苦労も含めて、楽しく美しい時間だったと思う瞬間もある。そんな気持ちを演じる上で大事にしました」としみじみ。奈緒も「猪乃木が半歩でもいいから希望を持てばいいと思って撮影に臨みました。堀貝との出会いで、彼女が半歩でもいいから前に進めたらと」と心境を吐露した。

君は永遠にそいつらより若い,初日舞台挨拶,画像

チア☆ダン』共演の石井杏奈からサプライズコメント!

しんみりと撮影を振り返る中、登壇者には内緒のサプライズコメントが読み上げられた。それは佐久間と親交の深い、石井杏奈と伊藤沙莉からのもの。「涙で画面が滲み、鳥肌が止まらなくなり、誰かのために前を向く強さがダイレクトに心に響いた」(石井)、「胸が締め付けられた。目を背けることなく向き合えてよかった」(伊藤)などという絶賛に佐久間は瞳をウルウルとさせて感激。親友たちの粋なサプライズに佐久間は「胸がいっぱいです」と声を振り絞りながら「スタッフ・キャストすべての皆さんとこの映画を作り上げることができてよかったと心から思います」と念願の封切りの喜びを噛みしめていた。

君は永遠にそいつらより若い,初日舞台挨拶,画像

最後に主演の佐久間は「この映画を思うと言葉が溢れてきて、語りたいけれど語りたくないような矛盾した気持ちになる。その思いを作品に詰め込みました。どんな人でも誰かを支えるヒーローです。生きているってそれだけで素晴らしい、生きているだけで偉い!そう思えるような映画ができました」と胸を張って主演映画をアピールしていた。

石井杏奈コメント

ホリガイさんの日常を覗き、イノギさんと出逢って良いも悪いも全てを共有してもらいました。
彼女がこのタイトルを口にした時、涙で画面が滲み、鳥肌が止まらなくなり、
誰かの為に前を向く強さがダイレクトに心に響く作品でした。

伊藤沙莉コメント

救えなかった心があって 守れなかった痛みがあって 防げなかった傷があって
欲しくもないものを得たり 続いてほしいものを失ったり それでも続くし、できることを探す。
何かはある。 みんな、何かはある。 闘ってんだ。何かと。
胸が締め付けられた。 できるときに、できることをしよう。 できそうなことでもいい。
早すぎも遅すぎもない。 目を背けることなく向き合えてよかった。

9月17日(金) より全国公開中