『浜の朝日の嘘つきどもと』
ドラマ版&映画版二本立てトークイベント

映画『浜の朝⽇の嘘つきどもとはミニシアターランキング新作部⾨ 1 位&Filmarks 初⽇満⾜度ランキング 1 位と好調な出だしで 9 ⽉ 10 ⽇(⾦)より、全国で絶賛公開中です。

この度、映画「浜の朝⽇の嘘つきどもと」の公開を記念して、ドラマ版・映画版両作品に出演した柳家喬太郎師匠と、タナダユキ監督登壇の<ドラマ版&映画版“&トークイベント>実施しました︕

『浜の朝日の嘘つきどもと』0917ドラマ版&映画版“二本立て”上映&トークイベント

ドラマ版・映画版の両⽅に出演した柳家喬太郎は、「いらっしゃいませ、ようこそ映画館へ」と公開記念舞台挨拶同様に挨拶。司会を務めた笠井信輔アナウンサーより、今⽇の⾐装のコンセプトを尋ねられると「思いっきり私服です︕」と明かし、本作は公開からちょうど1週間が⽴つが、「みんなから私服で出てるよ︖︕」と⼝々に⾔われたと語り、会場は笑いに包まれイベントが始まった。映画は 9 ⽉ 10 ⽇に初⽇を迎え、「Filmarks 初⽇満⾜度1位」を獲得し、さらに昨⽇、ドラマ版が 2021 年「⽇本⺠間放送連盟賞」のテレビドラマ番組部⾨の最優秀賞を獲得したことも発表され、監督のタナダは「関わってくれた皆さんのおかげ。全員野球で取れた賞だと思います」と喜びを語った。

そんな本作で、舞台となった朝⽇座の⽀配⼈・森⽥役という⼤役に抜擢されたことについて喬太郎は、「まず、俺でいいのかな︖」と不安に思ったことを語りながらも、「現場で監督やキャストの皆と同じ空気を吸っているとわかってくるんだ、体に⼊ってくるんだという経験をさせていただき、そこから実感が湧いた」とコメント。喬太郎を起⽤したタナダは「⼀⽅的にファンでした。ここまですごいから出来るでしょ︕って思ってました」と何も⼼配はなかったと語ると場内は笑いに包まれ、さらに「師匠以外考えていなかったんです。答えづらいけど…アテガキです︕」とも明かし、温かなムードに。

本作は、落語家の柳家喬太郎だけでなく、ドラマ版には歌⼿の⽵原ピストルら、そして、映画版は⼥優・⾼畑充希、芸⼈・⼤久保佳代⼦らと、様々なジャンルのキャストが活躍しているが、喬太郎は「災害や疾病の時にいつも、芸能は何も役に⽴たないなと思っていたが、つまらないということがこんなにも精神と⾁体に良くないものかと痛感した。」と、そして「俺たちの仕事はあっていいんだと思いました。歌も、演芸も、映画も、いろんなエンタメは同じように皆さんを幸せに出来る。いつまでもエンタメというものを愛してもらいたい。そんな気持ちで(この後上映となる映画版も)ご覧いただけると嬉しいです」と熱い思いを⼝にし、本イベントは幕を閉じた。

映画『浜の朝⽇の嘘つきどもと』ドラマ版&映画版“⼆本⽴て”上映&トークイベント

⽇時︓9 ⽉ 17 ⽇(⾦)18:00〜スタート (※18:30 終了予定) ※ドラマ上映後/映画上映前
会場︓新宿武蔵野館
登壇者︓柳家喬太郎、タナダユキ(監督)

出演︓⾼畑充希 柳家喬太郎 ⼤久保佳代⼦
甲本雅裕 佐野弘樹 神尾 佑 ⽵原ピストル/光⽯ 研/吉⾏和⼦
脚本・監督︓タナダユキ
主題歌︓Hakubi「栞」(unBORDE)
制作プロダクション︓ホリプロ
配給︓ポニーキャニオン
©2021 映画『浜の朝⽇の噓つきどもと』製作委員会
公式サイト︓hamano-asahi.jp 公式 SNS︓@hamano_asahi

映画『浜の朝日のつきどもと』 高畑×大久保、撮影初日とは思えない安定感!本編映像解禁

絶賛公開中︕