光を追いかけた先にある人々の運命とは?

「地球なんて隕石が落ちて無くなってしまえばいいのに」

本作『光を追いかけて』は、主人公の少年彰のそんな憂鬱さをたたえたモノローグから、物語の幕が上がる。舞台となるのは、実りの秋にはこうべを垂れた稲穂の豊かな田園風景が広がりながらも、少子高齢化・過疎化の波に揺れ動く秋田県の架空の町。そこに暮らす思春期の少年少女の悩みを抱えた日常が、謎の光とミステリーサークルの出現をきっかけに波立ち、鮮やかなものへと変わっていく。

中学3年生、ナイーブさを抱えた少年彰役には、中川翼。家庭の事情などから不登校になったヒロイン真希役には、長澤樹。共に本作が初主演となる2人が、まるで謎の光に導かれたかのように出会い、逡巡し、成長していく姿を、瑞々しく演じる。

光を追いかけて

光を追いかけて
中学生たちを支えながらも、それぞれ悩みや葛藤を抱えた大人たちを演じるのは、生駒里奈、駿河太郎、小野塚勇人、そして柳葉敏郎。彰と真希の担任教師美晴役の生駒と真希のおじ秀雄役の柳葉は、共に秋田出身である。主演2人のクラスメートには、現在「ポカリスエット」の CM で話題の中島セナらフレッシュな顔ぶれが揃う。

光を追いかけて

光を追いかけて
監督も秋田出身、CM ディレクターとして 600 本もの作品を手掛けた成田洋一。1991 年に自らの故郷に現れた、緑の光とミステリーサークルの事件をモチーフにした本作の映画化を実現するために奔走。脚本も共同で手掛け、念願の映画初監督作品として、遂に完成に至った。

主題歌は、いま注目の女性シンガーソングライター湯木慧が手掛けた「心解く」。その伸びやかなヴォーカルが、作品の感動を高めている。
2021 年秋、青春映画の新たなるマスターピース『光を追いかけて』の誕生を見逃すことなかれ!

『光を追いかけて』予告動画

傷つきやすい思春期の少年少女と大人達の葛藤と再生。「光」に込められた想いが、タイトルに謳われ、劇中で描かれた観る者の心に浸み入る爽やかな感動のヒューマンドラマが誕生した。

光を追いかけて

光を追いかけて

あらすじ

両親の離婚で父の故郷秋田へと引っ越した、中3の彰。転校先にも馴染めず、憂鬱な日々が続く。ところがある日、彰は空に浮かぶ“緑の光”を目撃。田んぼのミステリーサークルへと辿り着くと、不登校のクラスメート真希と出会う。共通の秘密を持った 2 人の仲は近づき、灰色だった日常が輝き始める。

一方で彰たちの中学は、過疎化による閉校の日が迫る。おとなたちも揺れ動く中、謎の“緑の光”は、彰たちに何を伝えようとしているのか?

キャスト

中川翼
長澤樹
生駒里奈
中島セナ
駿河太郎
小野塚勇人
下川恭平
木村聖哉
丹野未結
日向丈
柳葉敏郎

監督

成田洋一

脚本

成田洋一
作道雄

主題歌

湯木慧 「心解く」

配給:ラビットハウス
公式HP:http://hikariwo-oikakete.com/
© 2021「光を追いかけて」製作委員会

10 月 1 日(金)グランドシネマサンシャイン池袋他全国順次公開
9 月23日(木/祝)AL☆VE(アルヴェシアター/秋田)にて先行公開

光を追いかけて