魅力に惹きつけられる場面写真解禁

映画『真夜中乙女戦争』の場面写真解禁!今回到着したのは、無気力な大学生の“私”、凛々しく聡明な“先輩”、危険なカリスマ“黒服”の3人の様々な表情を捉えた場面写真。

永瀬 廉演じる“私”が映るのは、大学の授業中のワンシーンだ。生気のない虚無感を抱えた眼差しと冷めた表情からは、何の役に立つかわからない講義へのフラストレーションを抱えていることが感じ取れる。“先輩”、“黒服”と出会う前の、退屈な日常と、平凡な自分自身に行き場のない憤りを感じている“私”のカットだ。

映画『真夜中乙女戦争』,画像
池田エライザ演じる“先輩”は、「かくれんぼ同好会」の面接会場で“私”に淡々と質問を浴びせるスーツ姿の冷ややかな表情、もう一方では全く異なる表情を見せている。“先輩”が大学のカフェテリアに座っているカットは“私”と連絡先を交換する場面。それまで会話を交わすことはあったものの、直接的な繋がりを得たことで段々と2人の関係性が深まっていく。何よりも“冷酷な先輩”という第一印象から、笑みを浮かべてギャップをみせる“先輩”により一層惹かれていくシーンだ。

映画『真夜中乙女戦争』,画像

そして、柄本佑演じる“黒服”が映る場面写真は、どちらもミステリアスな雰囲気を醸し出している。次第に“私”と仲を深めていく場となるアジトで腰をかけている“黒服”。バックには共に名画を見て意気投合する自作の映画館も写っている。

映画『真夜中乙女戦争』,画像

もう一方は、自作アプリで盗んだ車を燃やし、普通の生活に憧れる“私”を挑発するシーン。この出来事をきっかけに“私”は彼の計画する“真夜中乙女戦争”へと誘われていく。

映画『真夜中乙女戦争』,画像

凛々しく聡明な“先輩”に惹かれつつも、人の心を一瞬で掌握してしまう危険なカリスマ“黒服”と出会ったことで、“私”の退屈だった日常は一変。【真夜中乙女戦争】という名の“東京破壊計画”へと巻き込まれていく。

加速する恋と疾走する真夜中の青春、そして内なる戦争をスリリングでサスペンスフルに描く、最高に過激で美しい夜更かしの物語。全ての“退屈”を破壊する⻘春ダークエンターテイメント映画『真夜中乙女戦争』にぜひご注目ください。

『真夜中乙女戦争』特報

あらすじ・ストーリー

4月。上京し東京で一人暮らしを始めた大学生の“私”(永瀬 廉)。
友達はいない。恋人もいない。大学の講義は恐ろしく退屈で、やりたいこともなりたいものもなく鬱屈とした日々の中、深夜のバイトの帰りにいつも東京タワーを眺めていた。

そんな無気力なある日、「かくれんぼ同好会」で出会った凛々しく聡明な“先輩”(池田エライザ)と、突如として現れた謎の男“黒服”(柄本 佑)の存在によって、“私”の日常は一変。

カリスマ的魅力を持つ“黒服”に導かれささやかな悪戯を仕掛けたり、“先輩”とも距離が近づき、思いがけず静かに煌めきだす“私”の日常。

しかし、次第に“黒服”と孤独な同志たちの言動は激しさを増していき、“私”と“先輩”を巻き込んだ、壮大な破壊計画“真夜中乙女戦争”が秘密裏に動きだす…。

12月25日未明−痛々しくも眩しい物語は、予測不可能なラストへと加速していく。

キャスト

永瀬 廉
池田エライザ
柄本 佑

映画『真夜中乙女戦争』作品情報

原作:F「真夜中乙女戦争」(KADOKAWA刊)
脚本・監督:二宮 健
特別協力:TOKYO TOWER
配給:KADOKAWA
©2022「真夜中乙女戦争」製作委員会
公式サイト
公式Twitter:@mayonaka_otome
公式Instagram:mayonaka_otome

原作情報

F「真夜中乙女戦争」(KADOKAWA刊)
F 1989年11月生まれ。神戸出身。男。
著作に「いつか別れる。でもそれは今日ではない」「真夜中乙女戦争」「20代で得た知見」(すべて、KADOKAWA刊)著者累計51万部突破。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000688/

2022年 全国公開