『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の音楽チームが贈る感涙ミュージカル映画、この秋公開!

第71回トニー賞®6部門(主演男優賞、作品賞、脚本賞、楽曲賞、助演女優賞、編曲賞)、第60回グラミー賞®(最優秀ミュージカルアルバム賞)、第45回エミー賞®(デイタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞)を受賞したブロードウェイ・ミュージカル「Dear Evan Hansen」が待望の映画化!『ディア・エヴァン・ハンセン』の邦題で11月26日(金)より全国公開致します(配給:東宝東和)。また、第34回東京国際映画祭のクロージング作品として本作の上映が決定!国内外を問わず大きな期待と注目を集めています!

主人公のエヴァン・ハンセンを演じるのはミュージカル版でも主役を演じたベン・プラット!さらに、エヴァンが想いを寄せるコナーの妹、ゾーイ・マーフィー役をケイトリン・デヴァー(『ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー』(19))が、エヴァンを支え、励ますシングルマザーのハイディ・ハンセン役をジュリアン・ムーア(『アリスのままで』(14))、コナーとゾーイの母親シンシア・マーフィー役をエイミー・アダムス(『バイス』(18))が演じ、豪華俳優陣が脇を固めます。監督は『ワンダー 君は太陽』(17)や『ウォールフラワー』(12)のスティーヴン・チョボスキー。製作には『ラ・ラ・ランド』(16)、『グレイテスト・ショーマン』(17)のスタッフ陣が集結しています!

この度、日本に先駆け、9月24日(金)より全米公開がスタート!また、公開に合わせ9月22日(水)にLAプレミアイベントが開催されました。上映とともに行ったレッドカーペットには、ベン・プラットやエイミー・アダムス、ジュリアン・ムーアをはじめ、主要キャスト陣が集結。監督やスタッフのほか、現在の舞台キャストも登場し、華やかなイベントとなりました。主人公のエヴァン・ハンセン演じるベン・プラットは「緻密に練られた展開や、映画版ならではの演出を早く皆さんに見ていただきたいと思っています。作品に登場するキャラクターにそれぞれの道があり、誰もが自分自身に投影することができます。(映画が)非常に普遍的なものであることを感じていただければと思っています。」とコメント。コナーとゾーイの母親・シンシアを演じるエイミー・アダムスは「本作を初めて観たとき、これは家族のための作品だと感じました。この作品に参加しようと思ったのは、(本作を観た)娘との会話がきっかけで家族と一緒に難しい会話をできると感じたからです。」と本作へ参加することになったきっかけを明かしました。


また、エヴァンの母親・ハイディを演じるジュリアン・ムーアは「この作品は、思春期の経験を表現した美しい作品です。大人になること、自分が少し迷っていることなど、普遍的な気持ちを表現していると思います。だからこそ、みんながお互いを理解し、お互いを結びつけることができると思います。」と本作に込められた想いを語りました。親愛なるあなたへ贈る、心震わす感涙ミュージカルがこの秋日本上陸。『ディア・エヴァン・ハンセン』にぜひご注目ください!

あらすじ

エヴァン・ハンセンは学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいる。
ある日、自分宛に書いた“Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)”から始まる手紙を、図らずも同級生のコナーに持ち去られてしまう。後日、校長から呼び出されたエヴァンは、コナーが自ら命を絶った事を知らされる。悲しみに暮れるコナーの両親は、手紙を見つけ息子とエヴァンが親友だったと思い込む。彼らをこれ以上苦しめたくないエヴァンは思わず話を合わせてしまう。そして促されるままに語った“ありもしないコナーとの思い出”は人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がり、彼の人生は大きく動き出すー。

キャスト

ベン・プラット
エイミー・アダムス
ジュリアン・ムーア
ケイトリン・デヴァー
アマンドラ・ステンバーグ
ニック・ドダニ
ダニー・ピノ
コルトン・ライアン

監督

スティーヴン・チョボスキー

脚本

スティーヴン・レヴェンソン

楽曲:ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール 
製作:マーク・プラット/アダム・シーゲル
製作総指揮:マイケル・ベダーマン/スティーヴン・レヴェンソン/ベンジ・パセック/ジャスティン・ポール

原題:DEAR EVAN HANSEN
配給:東宝東和
公式HP:deh-movie.jp
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

11月26日(金)より全国ロードショー