映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ドゥニ・ヴィルヌーヴも大絶賛!
出水ぽすか描き下ろし特別イラスト解禁&絶賛鑑賞コメントも続々

2021年最大の超大作である映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日(金)に日本公開される。本作は“未来が視える”能力を持つ青年、ポール・アトレイデスの物語。皇帝の命でその惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な“砂の惑星デューン”へ移住したことを機にアトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、復讐そして全宇宙の平和のために、巨大なサンドワームが襲い来るその星で“命を狙われるひとりの青年”ポールが立ち上がる―。

IMAX®社全面バックアップのもと、クリエイターが意図したクオリティの映像&音響が劇場で変換(=劣化)することなく再現可能にし、ラージフォーマットIMAX®を超える“究極の映画体験”が可能な「Filmed For IMAX®」に認定された世界初の作品として、未だかつて誰も経験したことのない未来型シネマ・エクスペリエンスを実現した本作。

ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭で「映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力“を再提示した作品だ」等、大絶賛の声があがり映画の力を証明した勢いそのまま、フランスでの記録的大ヒットを皮切りに、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアなどヨーロッパを中心に24の国と地域で公開を迎えると映画批評サイトRotten Tomatoesで驚異の91%を叩き出し(9/28現在)、初週3680万ドルの大ヒットを記録!24の国と地域で初登場No.1を獲得!この数字はコロナ禍において特筆すべき数字で、世界中の観客が“究極の映画体験”に歓喜し、混沌とした世界へ一筋の光を射した。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も大絶賛!!
「約束のネバーランド」の出水ぽすかが描き下ろす美麗な『DUNE/デューン 砂の惑星』の世界─特別イラスト解禁!
DUNE/デューン 砂の惑星,画像

この度、シャネルとのコラボも記憶に新しく、世界累計発行部数3200万部を超える「約束のネバーランド」の作画で知られ、イラストレーター・漫画家として人気を博す出水ぽすかが『DUNE/デューン 砂の惑星』にインスパイアされて描き下ろした特別イラストが解禁となった!全宇宙の未来を託される主人公ポールをはじめとするアトレイデス家のキャラクターだけでなく、宿敵ハルコンネン家、襲い来るサンドワームなどが描かれ、出水の描く美しい世界観と見事なコラボレーションを果たした。
細部までこだわった描きこみと繊細な色彩、ダイナミックかつ生き生きとした動きやキャラクターの表情は、本作の壮大な世界観だけでなく、葛藤や困難を乗り越えてポールが成長していくドラマや人間模様を想起させ、“究極の映画体験”が待ち遠しくなること間違いなし。出水は本作について、「緊迫感あるシーンの連続で息つく暇がありませんでした。異星での文化の違いが生活の端々で不気味に映り、壮大な砂漠の中にも小さな家族の息づかいを感じる物語です」とコメント。
また、本作を手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も、「とても感動しています。キャラクターと映画の精神/スピリットを大切にしつつ、自分のものにしてくれているのが見てわかりますから。重力の使い方や、ドローイングの力学に何か特別なものを感じますし、非常に美しいなと思います。とても詩的ですし。他のアーティストが(自分の作品の)「画」から何かを感じ、自分の作品に落としてくれているというのは、僕にとってもとても感動的なことです。美しい贈り物だと感じます」と大絶賛!ヴィルヌーヴ監督も大のお気に入りの特別コラボとなった。

樋口真嗣監督、山崎 貴監督、神山健治監督ら日本を代表するトップクリエイターから大絶賛のコメント到着!

本作の“究極の映像体験”を一足はやく堪能した日本を代表するトップクリエイターたちより絶賛コメントが続々到着!
※以下順不同

▼樋口真嗣(『シン・ゴジラ』監督)
やっと時代が、表現が追いつき、そして更なる高みへ飛びたつ。
削ぎ落とされ、鋭利な刃物のように聳え立つ美学。
そこで翻弄される高潔な意思と尽きない欲望。
まさかSFでここまで美しく脆く悲しく、そして抗えない運命を謳いあげる時が来ようとは。
2020年代を背負うであろうこの映画を大画面で観ない理由は、もはや何もないのだ。

▼山崎 貴(「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ監督)
本物のDUNEがそこにはあった。僕は2時間半、確かにアラキスに立っていた。そして、その歴史的な瞬間を目撃した。

▼神山健治(『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ・『攻殻機動隊 SAC_2045』監督)
映像が持つ”説得力”が、SF映画ということを忘れさせる。我々は間違いなくデューンに連れて行かれる

▼荒牧伸志(『APPLESEED』・『攻殻機動隊 SAC_2045』 監督)
期待通りな骨太さ、いや、それ以上の語り口でドゥニ監督はこの壮大な物語に対して、真正面から取り組み、DUNEの世界の魅力を全て描き出そうとしている。
映画の冒頭からその監督の意気込みが感じられて、見ている間も終わった後も、幸せな時間は続いていく。必見。オーニソプターに乗りたい。

▼石川慶(映画監督)
映画館でこんなに原始的な興奮を覚えたのはいつ以来だろう。
SF映画史を、以前・以後に切り裂いてしまうくらい鮮烈なインパクトを持つ作品だ。
まさに、新しい神話の誕生に立ち会っている、そんな映画体験。

▼ヒグチユウコ(画家)
豪華なキャストと素晴らしい衣装。砂の惑星の厳しさと相反するなんとも言えない美しさ。
そして私の大好きな巨大な砂虫!あの背中に乗って砂漠を走り回りたいです。

▼佐藤大(脚本家)
様々な作品に影響を与えてきた伝説的SFファンタジーが画も物語も最高解像度で再構築された得難い体験。
原作との答え合わせやリンチ版との比較、ホドロフスキー企画への目配せ等を超えた新たな叙事詩の開幕を心から賞賛。
知らない人こそ繊細に描かれるポールの冒険のはじまりが楽しめるかも。先入観なくしてもう一度観ます。

▼牧眞司(SF研究家・文芸評論家)
畏怖のかたまりのような宇宙船、異様意匠の建造物、そして圧倒的量感のサンドワーム。息を呑むばかりのイメージは、たんなる映像的外連ではなく、主人公ポール・アトレイデスを、そしてすべての存在を巻きこんでいく、壮絶な運命論を象徴している。震撼すべきSF映画。

▼前田真宏(アニメーション監督)
その人を待っていた。

美しき古典が 鮮やかに
美しいイメージとして焼き付けられた。

古い、新しいではない。
技術の優劣でもない。

新しい古典の誕生に立ち会って欲しい。
目覚めの時を待ちながら
その世界に出逢って欲しい。

ヴィルヌーヴさん、ありがとう。あなたで本当に良かった。

▼柴山智隆(アニメーション監督)
圧倒的な没入感。
全方位を砂に覆われ、一瞬足元まで砂に埋まったような感覚に襲われて座席の下を覗いてしまった。
香料メランジを含む砂は美しくも死を予感させ、死の中で輝きを増していくティモシー・シャラメ演じるポールに導かれるような映像体験。
劇場でこそ観ていただきたい作品です。

あらすじ・ストーリー

全宇宙から命を狙われる、たった一人の青年、ポール・アトレイデス。彼には“未来が視える”能力があった。宇宙帝国の皇帝からの命令で一族と共に、その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な<砂の惑星デューン>へと移住するが、実はそれはワナだった!アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、巨大なサンドワームが襲い来るその星で、ポールは全宇宙のために立ち上がるのだが…

キャスト

ティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン
ステラン・スカルスガルド
ゼンデイヤ
シャーロット・ランプリング
ジェイソン・モモア
ハビエル・バルデム
ほか

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』作品情報

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ロス ジョン・スペイツ ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:「デューン/砂の惑星」フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画  dune-movie.jp #DUNEデューン
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

10月15日(金)全国公開