彼女は、いかに自由を愛し生きたのか

日本を始め世界中で愛されるムーミンの物語。それは画家としてキャリアをスタートさせたアーティスト、トーベ・ヤンソン自身の人生を投影して生み出されたものだった。文学、コミック、舞台劇、アニメーションなど、今日においても色褪せること無く人々を楽しませ続けるムーミンのキャラクターたちは、いかにして育まれていったのか。本作はトーベ自身の人生のあり方とともに、その創作の秘密に肉薄してゆく。

本国フィンランドでは公開されるや大絶賛で迎えられ、スウェーデン語で描かれたフィンランド映画としては史上最高のオープニング成績を記録。公開から約二カ月にわたり週間観客動員数ランキングで連続1位を維持するなどロングラン大ヒット。更に第93回アカデミー賞®国際長編映画賞フィンランド代表へ選出されたのをはじめ、数々の映画賞を席巻致しました。
『TOVE/トーベ』 トーベ・ヤンソン,画像
自身のアトリエで絵画の創作に夢中になるトーベ。世間では戦争の終結を知らせるラジオが流れていたが、彼女はただひたすら無心に筆を進め、作品をギャラリーに展示する。しかし、すでに著名な彫刻家である父は彼女の作品を一目見ただけで「やめておけ」と酷評、絵を裏返してしまうが、トーベはすぐに元の位置へと戻し、父に無言の抗議をする。

トーベがアトリエで生み出す“創作”への熱量、すでに著名な彫刻家であったが故に生まれた父との軋轢など、彼女の人生が垣間見えてくるようなシーンを切り取ったものとなっております。ほか、ムーミンを初め多数の作品が誕生、長年過ごしたフィンランドのトーベのアトリエを忠実に再現した、北欧らしいナチュラルな雰囲気の中にもビビットな色が映えるインテリアも必見です!
『TOVE/トーベ』 トーベ・ヤンソン,画像

『TOVE/トーベ』 トーベ・ヤンソン,画像

第二次世界大戦下のフィンランド・ヘルシンキ。激しい戦火の中、画家トーベ・ヤンソンは自分を慰めるように、不思議な「ムーミントロール」の物語を描き始める。やがて彼女は爆撃でほとんど廃墟と化したアトリエを借り、本業である絵画制作に打ち込んでいくのだが、著名な彫刻家でもある厳格な父との軋轢、保守的な美術界との葛藤の中で満たされない日々を送っていた。それでも、若き芸術家たちとの目まぐるしいパーティーや恋愛、様々な経験を経て、自由を渇望するトーベの強い思いはムーミンの物語とともに大きく膨らんでゆく。そんな中、彼女は舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い激しい恋に落ちる。それはムーミンの物語、そしてトーベ自身の運命の歯車が大きく動き始めた瞬間だった。

キャスト

アルマ・ポウスティ
クリスタ・コソネン
シャンティ・ローニー
ヨアンナ・ハールッティ
ロバート・エンケル

監督

ザイダ・バリルート

脚本

エーヴァ・プトロ

音楽:マッティ・バイ 編集:サム・ヘイッキラ
2020 年/フィンランド・スウェーデン/カラー/ビスタ/5.1ch/103 分/スウェーデン語ほか/日本語字幕:伊原奈津子/字幕監修:森下圭子
レイティング:G/原題:TOVE/協力:ライツ・アンド・ブランズ、ムーミンバレーパーク/配給:クロックワークス
© 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved
公式サイト: https://klockworx-v.com/tove/

10 月 1 日(金) 新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマ、
ヒューマントラストシネマ有楽町ほか 全国ロードショー

ムーミン原作者を描く映画『TOVEトーベ』日本版ポスタービジュアル解禁!