キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念
フェスティバル上映4作品決定!
映画『クソ野郎と美しき世界』

本年木下グループ傘下の映画配給会社キノフィルムズが発足 10 周年、更に映画館キノシネマが
3周年を迎えることを記念しまして、過去作品のリバイバル上映を実施することになりました。
8月16日(月)から募集しました、キノフィルムズおよびキノシネマ配給の合計 185 作品へ約 4 万のリクエスト投票結果から今回選ばれました 4 作品中の1つ『クソ野郎と美しき世界』。
4 つの短編オムニバスからなる映画『クソ野郎と美しき世界』は、「新しい地図」が初めて製作を手掛けた第一回劇場公開作品だ。それぞれのエピソードのタイトルは、『ピアニストを撃つな!』、『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』、『光へ、航る』、『新しい詩(うた)』とトリュフォーへのオマージュを想起させるものから、エキセントリックなものまで想像を掻き立てられるものばかり。それぞれの物語は緻密なコンセプトの下でつながっており、ラストを飾る『新しい詩(うた)』の豪華ミュージカルで 1 本の映画になる“仕掛け”となっている。アクションあり、ファンタジーあり、ラブあり、ミュージカルありのオールジャンルムービーだ。
それぞれ脚本を執筆しメガフォンを取るのは、『ピアニストを撃つな!』に『愛のむきだし』でベルリン国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し映画界の寵児となった園子温、『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』に舞台『トロワグロ』で岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジ、『光へ、航る』にお笑いタレントや文筆家としてマルチな才能を発揮している爆笑問題の太田光、『新しい詩うた』(※“詩”はルビで“うた”)に手掛けたウェブ広告が世界三大広告賞すべてのインターネット部門でグランプリを受賞した映像ディレクターの児玉裕一。さらに原案を手掛けたのは、クリエイティブディレクター・CM プランナーとしてだけでなく映画の脚本、作詞などでも多才に活躍する多田琢。また、多田の他に、あらゆるクリエイティブシーンでボーダレスに活躍する CM プランナーの山崎隆明と権八成裕の二人が企画・プロデュースを担う。ボーダレスに活躍する創作の天才たちと、「新しい地図」という新たな場所で挑戦し続ける稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾らとの夢のコラボが実現した。

あらすじ・ストーリー

恋に落ちたピアニスト、歌を喰われたアーティスト、息子を亡くした父親、そんな彼らが迷い込んだ、美しき世界とは――。
極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの 4 つのストーリー!

Episode.1 『ピアニストを撃つな!』
全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人「マッドドッグ」。マッドドッグの手下で元ボクサーのジョー。彼らが向かう先には美しい指を持つ天才ピアニスト、ゴロー。

Episode.2 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
歌を食べて生きる少女「歌喰い」と歌えなくなったアーティスト香取慎吾の不思議な
関係。食べられた歌の行方は―ー。

Episode.3 『光へ、航る』
失った息子の右腕を探す旅に出た夫婦。妻裕子に美人局をさせては罠にかかった
男たちを脅し日銭を稼ぐクズな夫オサム。2 人が沖縄の海で出会ったのは・・・?

Episode.4 『新しい詩(うた)』
夜な夜なクソ野郎たちが集まるダンスフロア「クラブ・クソユニバース」で繰り広げられ
るショー。

映画『クソ野郎と美しき世界』作品情報

『ピアニストを撃つな!』
監督&脚本:園子温
キャスト:浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、でんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツニ子、稲垣吾郎

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
監督&脚本:山内ケンジ
キャスト:中島セナ(新人)、古舘寛治、香取慎吾

『光へ、航る』
監督&脚本:太田光
キャスト:尾野真千子、新井浩文、健太郎、草彅剛

『新しい詩(うた)』
監督&脚本:児玉裕一
キャスト:クソ野郎★ALL STARS

企画・プロデュース:多田琢、山崎隆明、権八成裕
原案:多田琢
製作・宣伝:新しい地図
制作:ギークサイト
配給協力:キノフィルムズ
©2018 ATARASHIICHIZU MOVIE

10 月 1 日〜7 日迄 kino cinema
横浜みなとみらい/立川/天神にて特別上映決定!