原作電子マンガの3年ぶり続編配信記念
池袋シネマ・ロサで復活上映決定

城定秀夫が同名BLマンガを映画化した性の劇薬のリバイバル上映が決定。
水田ゆきによる原作電子マンガの続編配信開始を記念して、池袋シネマ・ロサにて、12月4日より1週間限定で上映される。
性の劇薬,画像

日本初のR18+BL映画

2020年に公開された本作は、命を捨てようとした男が監禁、SM、調教を通して「生」を植え付けられていく物語。
性の劇薬,画像
性の劇薬,画像
性の劇薬,画像
性の劇薬,画像

性の劇薬,画像
性の劇薬,画像
性の劇薬,画像
性の劇薬,画像

日本初のR18+BL映画として、W主演の北代高士・渡邊将の体当たりの演技が大きな話題を呼び、6ヶ月以上に及ぶロングラン・ヒットを記録した。9月にはサンディエゴLGBTQ映画祭で最優秀国際長編作品賞を受賞したばかり。香港で劇場公開されるなど、海外での人気も高まっている。

あらすじ

「俺のせいで、すべてが無くなった…」
完璧な人生から転落したエリートサラリーマンの桂木は、絶望のさなか酔った勢いで飛び降り自殺をはかる。
「捨てるなら…その命、俺に寄こせ!」
突然現れた謎の男・余田に助けられるのだが、それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりだった…

キャスト

北代高士
渡邊将
長野こうへい
階戸瑠李

監督・脚本

城定秀夫

原作

水田ゆき『性の劇薬』(ボーイズファン刊)

宣伝・配給:フューチャーコミックス
公式HP:https://seino-gekiyaku.com/
🄫2019フューチャーコミックス

池袋シネマ・ロサにて
12月4日より1週間限定で上映