SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021受賞結果発表!
《史上初!》 初めて短編作品SKIPシティアワード受賞!

“若手映像クリエイターの登竜門”として 2004年に埼玉県川口市でスタートした SKIP シティ国際Dシネマ映画祭は、9 月 25 日(土)よりオンライン配信での開催を迎え、最終日の本日 10 月 3 日(日)、YouTube Live でのオンライン授賞式にて、グランプリをはじめとする国際コンペティション、国内コンペティションの各賞を発表しました!
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021,画像

国際コンペティションでは、地中海の島国マルタで先祖代々伝統的な漁を続けてきた男が、船の破損をきっかけに漁師の仕事を捨てるか逡巡する姿を描いた人間ドラマ『ルッツ』(アレックス・カミレーリ監督/英題:Luzzu)がグランプリを受賞! 審査委員長の竹中直人氏(俳優、映画監督)からは「監督の眼差しが、ねちっこくなく、クールでいて熱い。もうやんなっちゃうくらいにすごかった。最高の映画でした」と評価され、マルタ製作の映画としては本映画祭初ノミネートとともに初の受賞となりました。

監督賞は、母を追ってウクライナから言葉の通じないドイツにやってきた 9 歳の少年の孤独な闘いを描いた『ライバル』(マークス・レンツ監督/英題:Rival)が受賞しました。
ライバル,画像©Mila Teshaieva

審査員特別賞には、アフリカから移民としてアメリカに渡ってきた男が不可解な出来事に巻き込まれていく、謎に満ちたサスペンス『シネマ・オブ・スリープ』(ジェフリー・セント・ジュールズ監督/カナダ/英題:Cinema of Sleep)と、80 年代、政情不安のイランで娘を失った母親が 37 年後の現代のオランダで娘を裏切った女性と再会し、復讐を企てる政治サスペンス『ミトラ』(カーウェ・モディーリ監督/英題:Mitra)の2作品が受賞となりました。
シネマ・オブ・スリープ,画像©Inferno Pictures
ミトラ,画像©Jurre Rompa

審査員の志村大祐氏(ザジフィルムズ代表取締役)は「審査員の意見が2作品に分かれ、本来ならどちらか 1 作品を選ぶべきなのでしょうが、2 作品がまったく異なるアプローチの作品でしたので、2 作品同時受賞となりました」と選出の経緯を語っています。

観客賞にはドイツ人とユダヤ人の同性カップルの結婚騒動を描くロマンティックコメディ『国境を越えてキスをして!』(シレル・ペレグ監督/英題:Kiss Me Before It Blows Up)が選ばれました。
国境を越えてキスをして!,画像©Fireglory Pictures GmbH

国際コンペティション・国内コンペティションを通じた全日本作品を対象に、今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対し贈られる「SKIP シティアワード」は、カウンセラーと謎の患者のやり取りを不穏な心理ホラーに仕立て上げた、酒井善三監督の『カウンセラー』が受賞。短編作品の同賞受賞は本映画祭史上初の結果となりました。
カウンセラー,画像©DrunkenBird 2020

また国内コンペティションでは、長編部門で『夜を越える旅』(萱野孝幸監督)、短編部門で『リトルサーカス』(逢坂芳郎監督)がそれぞれ優秀作品賞と観客賞を W 受賞!! 両部門で同時に優秀作品賞と観客賞を W 受賞する快挙も、本映画祭として史上初となりました!
夜を越える旅,画像©夜を越える旅フィルムパートナーズ
リトルサーカス,画像©Yoshiro Osaka

最優秀作品賞(グランプリ) 賞金 100 万円
『ルッツ』

ルッツ,画像
ルッツ,画像
監督:アレックス・カミレーリ
2021 年|マルタ|94 分|英題:Luzzu|©Léo Lefèvre

受賞コメント アレックス・カミレーリ監督
グランプリの受賞は本当に素晴らしいことで、優れた映画製作チームにも感謝の意を表します。私たちにとって、グランプリ受賞の知らせ以上の喜びはありません。マルタにいるスタッフたちも喜んでいます。私たちは、この作品を、たくさんの愛と信念を持って作りました。小さな場所の小さな物語が、遠い場所まで届くことができると信じていました。今回の受賞によって、その信念に間違いはなかったと思いました。私は人生と映画について、多くの偉大な日本の監督たちから学びました。ですので、私の映画人生の第一歩を、日本の皆さんと共有できたことはたいへん光栄です。数年後、次の作品を再び日本の皆さんにご覧いただけることを願っております。

審査委員長コメント 竹中直人氏(俳優、映画監督)
本当に素晴らしい作品ばかりだったのですが、『ルッツ』がズシンと残っちゃったんですね。船の色合いが可愛かったな。そしてなんといっても俳優のお芝居、見事でした。ほかの作品とは毛色が違う感じというか。本物の漁師の方々なんですね。でもすごいんだ、芝居がみんな。主人公の男のあの顔つき。表現せずして表現しているというか。表情もそんなに大きく変えることもなく、静かに淡々とお芝居をなさっているのに、ズシっと来るんですよね。そして街の風景、港、夜のシーン。もうやんなっちゃうくらいにすごかったな。
ほかの作品も本当に素晴らしいのに、最高なのに、『ルッツ』はグウッと心に残っちゃうんですよ。それが正直な意見かな。『ルッツ』はとにかく好きな映画だったということです。心に深く残った映画でした。ひと言でまとめるのはとても難しいんですが、どこかハードボイルドなんですよね。とてもセンスの良い映画だなと思いました。監督の眼差しが、ねちっこくなく、クールでいて熱い。それがたまらなかったと思います。『ルッツ』、最高の映画でした。ありがとうございました。

『ルッツ』本編プロモーション映像

監督

アレックス・カミレーリ

2021 年|マルタ|94 分
英題:Luzzu
©Léo Lefèvre

SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2021 開催概要
■会期:2021 年 9 月 25 日(土)10:00 〜10 月 3 日(日)23:00 <9 日間>
■開催方式:オンライン配信 (配信サイト:シネマディスカバリーズ)
■内容:国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)
■主催:埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
■公式サイト:www.skipcity-dcf.jp