ざまあ見ろ、女をなめるとこうなるんだ
映画『Cosmetic DNA』

中学校時代から映画制作を続け、度を超えた映像美学から“編集狂”とさえあだ名される監督・大久保健也の長編デビュー作『 C o s m e t i c DNA』。コスメ(化粧品)を愛する美大生アヤカが日本社会にはびこる「男尊女卑」の暴力に傷つけられたのを機に、真の愛と友情、そして「自分たちの未来」を創造するため革命を起こそうとするその物語は、スタイリッシュでポップな映像も相まってSNS上で多くの世代層から評価を得た。
Cosmetic DNA,画像
主人公アヤカ役を、映画『血を吸う粘土〜派生』主演にしてミスiD2020ファイナリストで知られる新進気鋭女優・藤井愛稀がイメージ崩壊覚悟で挑戦。アヤカと友情を結ぶ大学院生サトミ役を仲野瑠花、アパレル店員ユミ役を川崎瑠奈が演じる。そして、胡散臭い自称映画監督の柴島恵介役を『嗚呼、残酷な世界』での怪演で一躍注目された西面辰孝が務める。
Cosmetic DNA,画像

あらすじ・ストーリー

コスメを愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある時「自分の映画に出演してほしい」とナンパしてきた自称・映画監督の柴島恵介(西面辰孝)に薬物を盛られ、彼から性的暴行を受ける。
Cosmetic DNA,画像
泣き寝入りせざるを得ない状況に追い込まれ精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出会ったことで少しずつ自身の心を取り戻していく。
Cosmetic DNA,画像
しかし、柴島の次なる標的がユミであったと知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を進める中で、「人間の血液こそが理想の化粧品の材料となる」ということに気づく。
Cosmetic DNA,画像
Cosmetic DNA,画像

『Cosmetic DNA』予告動画

公式HP

https://cosmeticdna.net/

キャスト

藤井愛稀
西面辰孝
仲野瑠花
川崎瑠奈
吉岡諒
石田健太

映画『Cosmetic DNA』作品情報

監督・脚本:大久保健也
プロデューサー:西面辰孝、大久保健也
製作:穏やカーニバル
ポスタービジュアル:najuco
宣伝デザイン:NORA DESIGN
配給:Cinemago
配給協力:Giggly Box
販売元:オデッサ・エンタテインメント
2020年/日本/109分/DCP/カラー/16:9/ステレオ

2021年10月9日K’s cinema他にてロードショー!