「かそけきサンカヨウ」今泉力哉監督特集
おすすめ青春群像劇3選

今泉力哉監督が窪美澄の短編集から自ら映画化を希望し、ドラマ「ドラゴン桜」でも話題となった志田彩良が主演を務める映画『かそけきサンカヨウ』が10月15日(金)より全国公開いたします。リアリティのある自然な雰囲気が魅力のひとつでもある今泉監督の作品。それぞれの登場人物たちのナチュラルな演技は思わず役者の素?アドリブ?と疑ってしまうほど。そして今泉監督作品のもう一つの魅力が、一人の主人公だけにスポットを当てるのではなく、それを取り巻く複数の登場人物たちそれぞれにスポットが当てられ、登場人物たち全員が味わいのあるキャラクターを持っている群像劇スタイル。個性豊かな登場人物たちが交わって生まれる自然な会話や行動から、思いもよらない展開へと進んでいく面白さが味わえる。そこで今回は、特に青春期の多感な感覚を描き出すのが上手い今泉監督作品から、おすすめの青春群像劇を3作品ご紹介いたします!

高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母・佐千代(石田ひかり)が家を出ていき、父・直(井浦新)とふたり暮らしをしていたが、父の再婚によって、その穏やかな日々は終わりを告げ、再婚相手である美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの4人家族の新たな暮らしが始まる。そんな新しい環境への戸惑いを、同じ美術部に所属する同級生の陸(鈴鹿央士)に打ち明ける陽。実の母・佐千代への想いを募らせていた陽は、絵描きである佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をする。

『街の上で』

下北沢の古着屋で働いている荒川青(若葉竜也)は基本的にひとりで行動している。たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。生活圏は異常に狭く、行動範囲も下北沢を出ない。そんな青の日常生活に、ふと訪れた「自主映画への出演依頼」という非日常の前後数日間の出来事と、その過程で青が出会う女性たちを描いた群像劇。主人公・青の元恋人・雪役を穂志もえか、青が通う古書店の店員・田辺役を古川琴音、青に映画出演を依頼する美大生の映画監督・町子役を萩原みのり、町子が監督を務める現場の衣装スタッフ・イハ役を中田青渚が演じている。

『あの頃。』

バイトに明け暮れ、好きで始めたはずのバンド活動もままならず、楽しいことなどなにひとつなく、うだつの上がらない日々を送っていた劔(松坂桃李)が、松浦亜弥のミュージックビデオをきっかけに「ハロー!プロジェクト」のアイドルにはまっていく。ある日、イベントに参加した劔はそこでプライドが高くてひねくれ者のコズミン(仲野太賀)など、ハロプロを愛してやまない彼らの仲間に加わり、彼らは遅れてきた青春の日々を謳歌していた。しかし、やがてそれぞれが別々の人生を歩みはじめ、次第に離ればなれになっていく――。

『かそけきサンカヨウ』予告動画

あらすじ・ストーリー

幼い頃に母が家を出て、ひとりで暮らしを整えられるようになっていった陽は、帰宅してすぐに台所に立ち、父とふたり分の夕飯の支度にとりかかるのが日課だ。

ある夜、父が思いがけないことを陽に告げる。「恋人ができた。その人と結婚しようと思う」

ふたり暮らしは終わりを告げ、父の再婚相手である美子とその連れ子の4歳のひなたと、4人家族の新たな暮らしが始まる。新しい暮らしへの戸惑いを同じ高校の美術部に所属する幼なじみの陸に打ち明ける陽。実の母・佐千代への想いを募らせていた陽は、それが母であることは伏せたまま、画家である佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をするが・・・。

キャスト

志田彩良 / 井浦 新
鈴鹿央士 中井友望 鎌田らい樹 遠藤雄斗
石川 恋 鈴木 咲 古屋隆太 芹澤興人
海沼未羽 鷺坂陽菜 和宥 辻 凪子 佐藤凛月
菊池亜希子 / 梅沢昌代 西田尚美 / 石田ひかり

映画『かそけきサンカヨウ』作品情報

監督:今泉力哉
主題歌:崎山蒼志「幽けき」(Sony Music Labels)
原作:窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収「かそけきサンカヨウ」
脚本:澤井香織 今泉力哉
音楽:ゲイリー芦屋
配給:イオンエンターテイメント
©2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

2021年10月15日よりテアトル新宿ほか全国公開!