「いのち」本来のあり方を
観るものに問いかける

生後すぐに「脳死に近い状態」と宣告された帆花ちゃん。母親の理佐さん、父親の秀勝さんとともに過ごす家族の時間に寄り添ったドキュメンタリー映画『帆花』(配給:JyaJya Films/配給協力:リガード)が、2022 年1月よりポレポレ東中野ほか全国順次公開となります。

今回解禁された特報では、長田弘さんの詩「最初の質問」を帆花ちゃんに読み聞かせる家族の姿が映し出されます。動くことも、言葉を発することもできない帆花ちゃん。國友監督が「問いの映画」と語る本作は生産性や自己責任、不寛容といった現代を形容する言葉の対極にある、私たち一人ひとり、「いのち」本来のあり方を観るものに問いかけてきます。

『帆花』特報

ドキュメンタリー映画『帆花』,画像

ドキュメンタリー映画『帆花』,画像

ドキュメンタリー映画『帆花』,画像

ドキュメンタリー映画『帆花』,画像
帆花ちゃんと家族のありふれた日常の中に、生きる喜びと生命の営みを見出したのは、本作が初監督作品となる國友勇吾。プロデューサーに『春を告げる町』の監督でもある島田隆一、編集に『ニッポン国 VS 泉南石綿村』『東京クルド』などの秦岳志、整音に『台湾萬歳』『オキナワサントス』などの川上拓也といった現代ドキュメンタリーの精鋭陣が集い、言葉にならずとも、カメラにうつらずとも、ひとが生きていく上で大切なものを繊細に描き出します。
ドキュメンタリー映画『帆花』,画像

あらすじ

生後すぐに「脳死に近い状態」と宣告された帆花ちゃん。 母親の理佐さん、父親の秀勝さんと過ごす家族の時間にカメラは寄り添う。常に見守りが必要な帆花ちゃんとの生活は誰にでもできることではないけれど、理佐さんと秀勝さんの二人にとってはあたり前で、普通のこと。いろんな場所に出かけていき、絵本を読み聞かせ、お風呂に入れ、吸引をする…ありふれた親子の日常の中で積み重なり、育まれていくもの。動かなくても、言葉を発しなくても、ふれあうことで通じあい、満ちていくもの。帆花ちゃんを愛しむ両親の姿から伝わる、我が子と一緒にいられる幸せ。

監督・撮影

國友勇吾

2021/日本/72分/DCP/ドキュメンタリー
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

配給:JyaJya Films 配給協力・宣伝:リガード
公式HP:http://honoka-film.com/
©️JyaJya Films+noa films
ドキュメンタリー映画『帆花』,画像

2022年1月より、東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開