コレを⾒ればもっと楽しめる︕頭もちょっぴし良くなる︕
⼈気声優・杉⽥智和がキーワードを解説︕

1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画「CUBE」。密室スリラーの先駆けとして、世界中でカルト的⼈気を誇るこの作品を、⽇本を代表する実⼒派俳優陣により、ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして、いよいよ10⽉22⽇(⾦)から全国公開します︕

主演の菅⽥将暉をはじめ、杏、岡⽥将⽣、⽥代輝、斎藤⼯、吉⽥鋼太郎と⽇本屈指の名優たちが勢揃い。謎の⽴⽅体「CUBE」を舞台に、全世界を巻き込む2021年⼀番”ヤバい”劇薬系密室エンタテインメントを是⾮ご期待ください。

毎⽉18⽇を<「CUBE」=部屋の⽇>と定め、毎⽉驚きの新情報を解禁してきた本作。いよいよ映画公開を間近に迫った、映画公開⽉の今⽉10⽉18⽇は<部屋の⽇>第7弾の新情報解禁となります︕

「銀魂」などでお馴染みの⼈気声優・杉⽥智和が劇中に登場する
⽤語を分かりやすく解説してくれる映像【”CUBE”特別講座】が解禁︕

杉⽥智和と⾔えばアニメや洋画の吹き替え版を中⼼に幅広く活躍している⼈気声優。特に⼤⼈気漫画『銀魂』では主⼈公・坂⽥銀時を担当していることで知られ、今年1⽉に公開された『銀魂 THE FINAL』は⼤ヒットを記録。そんな杉⽥智和が映画『CUBE ⼀度⼊ったら、最後』に登場する⽤語を分かりやすく解説してくれる映像【”CUBE”特別講座】が解禁された。

謎の⽴⽅体=CUBEに閉じ込められた年齢も職業もバラバラの6⼈の男⼥。この「CUBE」から脱出するためには、仕掛けられた数々の死のトラップから⽣き延びつつ、「CUBE」の中に隠された謎の暗号を解かなければならない。その暗号を解くための重要なキーワードが「素数」と「デカルト座標」だ。

「素数」も「デカルト座標」も共に数学系の⽤語で、あまり馴染みはないかもしれないが、映画の鍵を握る重要な⽤語だ。この特別映像ではそんな劇中のキーワードとなる⽤語を約2分半で分かりやすく解説してくれる動画となっており、映画上映前の空き時間にチェックするにはもってこい︕杉⽥智和のナレーションにもぜひ注⽬して頂きたい︕

また、杉⽥は本作の主演を務めた菅⽥将暉と実は共通点がある。杉⽥が主⼈公を担当する、⾃⾝の代表作『銀魂』の実写映画版で、菅⽥は主⼈公の仲間である志村新⼋を演じている。なお、岡⽥将⽣も実写版『銀魂』に出演している。

また、菅⽥が主⼈公の吹き替えを担当した映画『シャザム︕』では、杉⽥が主⼈公に⼒を与える役の吹き替えを担当している。まさに「“CUBE”特別講座」にぴったりの⼈選となった︕

この「“CUBE”特別講座」を⾒れば、映画をさらに楽しめ、ちょっぴし頭が良くなること間違いなし︕是⾮映画鑑賞前にご覧いただきたい︕

杉⽥智和 プロフィール

埼⽟県出⾝。AGRS所属。主なアニメ出演作品は『銀魂』坂⽥銀時 役、『ジョジョの奇妙な冒険』ジョセフ・ジョースター 役、『⻤滅の刃』悲鳴嶼⾏冥 役など。映画『シャザム︕』では魔術師シャザム<ジャイモン・フンスー>の吹き替えを担当するなど、外画吹き替え、ナレーションなどでも幅広く活動中。

『CUBE 一度入ったら、最後』CUBE講座(ナレーション:杉田智和)映像

あらすじ

⽬が覚めるとそこは謎の⽴⽅体=CUBEの中だったー。
突然閉じ込められた男⼥6⼈。エンジニア、団体職員、フリーター、中学⽣、整備⼠、会社役員。彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや⽕炎噴射など、殺⼈的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体⼒と精神⼒の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく⼈間の本性…。 恐怖と不信感の中、終わりが⾒えない道のりを、それでも「⽣きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか︖︕

キャスト

菅⽥将暉

岡⽥将⽣
柄本時⽣
⽥代輝
⼭時聡真
斎藤⼯
吉⽥鋼太郎

監督

清⽔康彦

原案

「CUBE」ヴィンチェンゾ・ナタリ

コンセプトデザイン︓カイル・クーパー
クリエイティブアドバイザー︓ヴィンチェンゾ・ナタリ

主題歌

星野源「Cube」(スピードスターレコーズ)

製作︓「CUBE」製作委員会
配給:松⽵株式会社
公式HP:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
(C)2021「CUBE」製作委員会

10⽉22⽇(⾦)全国ロードショー