ジャン=リュック・ゴダール監督最新作「さらば、愛の言葉よ」の公開を記念し、同監督初の長編「勝手にしやがれ」の特別上映が1月19日午後7時からシネスイッチ銀座で行われる。入場無料だが、応募は既に終了している。ゲストはよしひろまさみち(映画ライター)、川端寿子(マガジンハウス「anan」編集部)。

 「さらば、愛の言葉よ」は、ゴダールが初めて3Dで長編を描いた野心作。カンヌ映画祭では審査員特別賞のほか、出演する愛犬にパルムドッグ審査員特別賞が授与された。31日からシネスイッチ銀座ほか3D/2Dで全国公開。配給はコムストック・グループ、配給協力はクロックワークス。(文化通信)