人気シリーズの最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の主演俳優ジョニー・デップが6月20日午前0時ごろ、東京・羽田空港に到着し、約7カ月ぶり13度目の来日を果たした。

 深夜にもかかわらず、ロビーには主人公ジャック・スパロウに扮したファンなど約1000人が詰めかけ、デップの根強い人気をうかがわせた。長時間のフライトの疲れを感じさせず、デップは1人ひとりに握手をし、丁寧な対応でファンを喜ばせた。「いつも日本に帰ってくることはうれしく思っているよ。それがどんなキャラクターであっても、いつもとてもうれしいんだ。でもキャプテン・ジャックはユーモラスな部分が日本のみんなに特に受け入れられたようだね」と笑顔を見せたデップは「僕を再び招待してくれてありがとう、とてもうれしいよ! 劇場で会いましょう!」とファンにメッセージを送った。

 夕方からは、共演のブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオと共にジャパンプレミアに参加する予定だ。同イベントには、日本語吹き替え声優を務めた栗山千明中川大志も出席するという。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は、海賊船ブラック・パール号の船長であるジャック・スパロウ(デップ)と、ジャックに恨みを持つ“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の戦いを描く。7月1日から全国公開。