空知英秋氏のヒットコミックを、福田雄一監督と小栗旬のタッグで実写映画化した映画「銀魂」(公開中)のdTVドラマ版「銀魂 ミツバ篇」(配信中)で姉弟を演じた北乃きい吉沢亮が、共演を振り返った。

 「ミツバ篇」は、ギャグテイストが基本路線の原作において「泣けるエピソード」としてファンに根強い人気を誇る。江戸の治安を守る真選組の隊長・沖田総悟(吉沢)の姉ミツバ(北乃)を軸に、ミツバと副長・土方十四郎(柳楽優弥)の悲恋、結婚を機に江戸を訪れたミツバをめぐる陰謀に坂田銀時(小栗)と真選組の面々が挑んでいくさまが描かれる。加えて、真選組の過去も明かされる。

 吉沢は「原作を読んで泣いてしまうくらい、ミツバ編は本当に泣けますし、物語が非常にしっかりしているので、オリジナルドラマはもう少し長くてもいいくらいものすごく濃密な時間になっていると思います。ストーリー自体をもちろん楽しんでいただきつつ、劇場版にはなかった僕が演じる沖田の本気の殺陣を見てほしいです!」とドラマ部分の見どころを熱く語りつつ、キャラクターの見せ場についても言及する。

 一方、北乃は「銀魂の中でも1番切ないストーリーです。普段あまりない“切なさ”と銀魂ならではの“ユーモア”がたくさん詰まっているので、そこに注目してほしいです。また『原作を読んだことないから』と躊躇(ちゅうちょ)せず、初めてご覧になる方にも楽しんでいただける内容になっていると思いますので、ぜひ見ていただきたいです」と自信をみなぎらせる。印象的だったシーンについては、普段は冷静に振る舞う土方が、敵との戦いで傷つきながら「俺はただ、ほれた女には幸せになってほしいだけだ」とミツバへの秘めた思いを明かす場面を挙げて「クールだけど、好きになった女性の幸せを1番に願うシーンがいい」と語った。

 その土方と沖田は、ミツバをめぐって激しく衝突し、道場で剣を交えるシーンも描かれる。吉沢は「剣の練習中に柳楽さんの頭に思いっきり当たっちゃったことがあって、『全然大丈夫だよ』って言ってくれたんですが、大丈夫なはずがないんです。本当にフルスイングだったので(笑)。冷や汗がやばかったです。でも本当に、距離感とか、お互いの呼吸を合わせることが大事だって感じました」と演技に熱が入りすぎたゆえのエピソードを告白。

 銀時にミツバを紹介するシーンでも「僕が『坂田くんじゃないかー』と言うときに間違えて、『沖田くんじゃないかー』と言ってしまって、僕がそのときひよって(おじけづいて)『あ、すみません、沖田くんは僕でした』て言ったら、監督が『今の続けた方が面白いよ」て言って(笑)。あれは結構怖い瞬間でした……監督が怒ってる感じでもなく、割と冷たい感じだったので(笑)」と明かす。吉沢の話に「怖い!(笑)」と苦笑した北乃は、福田監督について「起きたことをすべて生かしてくださって、素材にしていきますよね。普通だとNGのところだけど『使われてる!』って」と新鮮な驚きを感じたという。

 「銀魂」は、宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸が舞台。劇中には原作と同じく、多種多様な造型の天人が数多く登場する。dTVドラマ版で初参加した北乃は「喫茶店のシーンで、天人がいっぱいいて、吉沢さんとか皆さん結構スルーして当たり前のことのようにされていたんですけど、私は初見だったのでキョロキョロしちゃいました(笑)。『あれすごい!』みたいな話題は皆さんもう終わっていたので、誰とも共有できなかったのはちょっと寂しかったですね」と振り返るが、劇場版に続き参加となる吉沢も「僕自身、劇場版で天人が出てくるシーン(での出番)はそんなになかったので、あそこまであの空間を天人が埋め尽くしている感じはなかったです」と同じ思いを共有していたようだ。

 吉沢は「最初、超緊張してたんですけど、北乃さんの雰囲気のおかげで、すごく落ち着いていてリラックスしながらできたので、すごくやりやすかったです」と感謝を述べていた。