「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の料理漫画「食戟のソーマ」のテレビアニメ第3期「食戟のソーマ 餐(さん)ノ皿」が、今秋から放送されることがわかった。

 同作は、食事処「ゆきひら」の跡とり息子・幸平創真が、名門料理学校「遠月茶寮料理學園」に編入し、ライバルたちとの料理バトルを経て、偉大な父を超える決意を固めていく。テレビアニメは2015年に第1期、16年に第2期「弐ノ皿」が放送され、第3期「餐ノ皿」では、学内評価上位10名の生徒たちで構成された学園の最高意思決定機関「遠月十傑」の生徒たちも登場し、物語が新たな局面を迎える。

 遠月十傑メンバーの一部キャストも決定しており、原作第25巻アニメDVD同梱版に収録されている完全新作OVA「遠月十傑」から引き続き、司瑛士役を石田彰、小林竜胆役を伊藤静、茜ヶ久保もも役を釘宮理恵、紀ノ国寧々役を花澤香菜、久我照紀役を梶裕貴が演じる。

 また、メインスタッフは第2期「弐ノ皿」から、監督の米たにヨシトモ、シリーズ構成のヤスカワショウゴ、キャラクターデザインの下谷智之、音響監督の明田川仁、音楽の加藤達也が再登板。アニメーション制作のJ.C.STAFFも続投が決定している。