井浦新と瑛太が共演した大森立嗣監督作「光」のポスタービジュアルが、このほど完成した。「僕たちは人間のふりをして生きている」というショッキングなコピーとともに、苛烈な人間ドラマを体現した井浦、瑛太、長谷川京子橋本マナミが浮かべる虚ろな面持ちを切り取っている。

 原作は「まほろ駅前多田便利軒」「舟を編む」などで知られる三浦しをん氏が、徹底して人間の闇に焦点を当てた小説。東京の離島・美浜島に住む中学生・信之は、交際中の同級生・美花を守るために罪を犯してしまう。その翌日、島を大災害が襲い、信之、美花、幼なじみの輔と数人のろくでもない大人だけが生き残る。25年後、妻子とともに暮らす信之(井浦)の前に輔(瑛太)が現れ、秘密を握っていることをほのめかす。

 幸せな家庭を手に入れ平穏に過ごす信之、狂気と怪物性をはらんで近づく輔、かつて信之と交際し現在は女優として成功をおさめる美花(長谷川)、ある秘密を抱えている信之の妻・南海子(橋本)。ポスターはそれぞれの人生がにじみ出る表情をとらえており、25年前の離島で起きた事件が再び動き出すような、不穏な気配を感じさせる。

 「光」には、ほか南果歩、平田満らが共演し、11月25日から東京・新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国で公開される。