リドリー・スコット監督の代表作「エイリアン」(1979)の造形を手がけたことでも知られるアーティスト、H・R・ギーガーの創作の秘密に迫ったドキュメンタリー「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」が、9月2日から公開される。

 スイスの画家・デザイナーのギーガーは、「エイリアン」の造形で、1980年のアカデミー賞視覚効果賞を受賞。その作品は世界中のファンを魅了し、多くのアーティストたちに影響を与えてきた。

 映画は「H・R・ギーガー財団」公認のドキュメンタリー。本編には73歳のギーガーが登場し、自宅やアトリエに6歳の時に父親にプレゼントされた頭蓋骨や、博物館でのミイラの恐怖といった創作の源泉、3人の女性のパートナーとの出会い、そして「エイリアン」誕生秘話が語られる。2014年5月に74歳で死去したギーガーは、本作の中で自分の死期が近いことを予見し、その最後の日々を静かに楽しんでいるような様子を見せている。

 メインビジュアルは、ギーガーにとって最もパーソナルな作品であり、最愛のガールフレンドに捧げられた作品「Li II」(1973-74)を、ギーガー財団の許諾を受けて特別に映画のポスターとして採用。グラフィックデザイナーの河村康輔がデザインした。

 「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」9月2日からヒューマントラストシネマ渋谷、9月9日から東京都写真美術館ホールほか全国で順次公開。