2005〜15年に「Kiss」(講談社刊)で連載された稚野鳥子氏の少女漫画「東京アリス」が連続ドラマ化されることになり、山本美月が主演、トリンドル玲奈高橋メアリージュン朝比奈彩が共演することがわかった。東京・代官山のシェアハウスを舞台に、人生の岐路に立つ同級生4人組の、赤裸々な恋愛模様を映し出す。

 シリーズ累計発行部数210万部(電子書籍含む)を突破した同名原作を、Amazonプライム・ビデオが全12話で連ドラ化。ふう、みずほ、理央、さゆりの仲良し4人組が、「おしゃれがしたい」「恋愛がしたい」「いい仕事がしたい」「結婚がしたい」と、それぞれの幸せを追い求めていく姿を波乱万丈に描く。

 映画「ピーチガール」に主演するなど、モデルだけでなく女優としての活躍も目覚ましい山本は、給料のほとんどをファッションにつぎ込み、恋愛とはほど遠い主人公・ふう役に。「年齢、見た目、髪型、ちょっとオタク気質だったり、自分と共通点が多いキャラクターでとても親近感がわきます(笑)。これまで同世代の女の子たちとお芝居する機会があまりなかったのですが、今回は女の子4人のシーンが多いので楽しく、年齢も近いので、原作の4人ように仲良く、楽しく撮影しています」と話し、「『幸せっていろんな形があるんだ』ということが伝わるといいなと思っています。若い方にはちょっと大人の世界を覗き見するような感じで、同世代の方には4人の考え方や生き様に共感してもらえたら嬉しいです」と語っている。

 さらに「リアル鬼ごっこ」のトリンドルは駆け出し漫画家・みずほ、「闇金ウシジマくん」の高橋はクールな心療内科医師・理央、女優初挑戦の朝比奈は銀座画廊に勤務する生粋のお嬢さま・さゆりをそれぞれ演じる。演出は「PARKS パークス」の瀬田なつき、「ディアーディアー」「ハローグッバイ」の菊地健雄という、映画界注目の監督が手がけている。

 また主題歌は、20代女性からの支持を集めるモデル・歌手のchayが担当する。「東京アリス」は、8月25日からAmazonプライム・ビデオで独占配信スタート。