世界的ヒットシリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」(公開中)の日本語吹き替え版の新たな本編映像が、公開された。ひょんなことから刑務所に入れられてしまったミニオンたちの獄中生活をとらえたものになる。

 正義のエージェントとして活躍するグルーの前に、最強の敵バルタザール・ブラットが立ちはだかるほか、グルーと相棒のミニオンたちの決別が描かれる第3弾。世界興行収入は6億3000万ドルを突破(7月21日時点)している。日本語吹き替え版には、笑福亭鶴瓶松山ケンイチ中島美嘉芦田愛菜須藤祐実、矢島晶子、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤、LiSA、生瀬勝久らバラエティ豊かなメンバーが参加する。

 ブラットを取り逃がし、反悪党同盟をクビになるも悪党の道をすっぱり断ち切ったグルーに絶望したミニオンたちは、グルーとたもとを分かち、新たなボスを探す旅に出る。だが、その道中でさまざまなアクシデントに遭遇し、ついには刑務所に収監されてしまう。

 絶体絶命のピンチといえるが、公開された映像中では囚人たちのボスとして君臨し、他の囚人たちから金品を巻き上げ、あごで使うなどやりたい放題。これまでにも薬の副作用で凶暴化した姿は描かれていたが、過去シリーズ以上に“ワル”として覚醒した姿が映しだされている。ミニオンたちのトレードマークのオーバーオールも、黒白の囚人仕様へと変更がなされている。