「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバースに初登場したスパイダーマンの単独映画「スパイダーマン ホームカミング」の新たなポスターが、お披露目された。スパイダーマンのバックに、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のランドマークが映り込んだものとなる。

 人気ゲームを映画化する「アンチャーテッド」にも抜てきされたトム・ホランドが主演を務める本作は、ヒーロー気取りの高校生ピーター・パーカー(ホランド)が、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の指導を経て、真のヒーローへと成長していくさまを描く。「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(7月29日公開)が控えるマイケル・キートンが、悪役のバルチャーに扮する。

 本国アメリカ版では、スパイダーマンが(劇中の)ニューヨークにある「アベンジャーズ・タワー」をつかもうとしているさまが描かれているが、日本では5箇所に拡大。実在する東京タワー、名古屋テレビ塔、大阪通天閣、福岡タワー、さっぽろテレビ塔がスパイダーマンと“共演”している。これらの限定ビジュアルは、各都市の一部劇場で掲出予定だ。

 「スパイダーマン ホームカミング」は、8月11日から全国公開。