伝説のラッパー、2パックこと故トゥパック・シャクールさんの半生を描く「オール・アイズ・オン・ミー」の第1弾ポスターと特報、場面写真8点が、公開された。

 故トゥパック・シャクールさんは、気鋭のラッパーとして人気絶頂のなか、1996年に米ラスベガスで銃撃され、わずか25歳でこの世を去った。映画では、エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーといったミュージシャンたちにも影響を与えてきた2パックの死の裏側に何があったのかを解き明かす内容になっているという。ディミートリアス・シップ・Jr.が2パックを演じ、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のローレン・コーハン、ドラマ「CSI:ニューヨーク」のヒル・ハーパー、「ウォーキング・デッド」のダナイ・グリラらが脇を固める。2パックの高校の同級生でもあった女優ジェイダ・ピンケット・スミスには、カット・グラハムが扮する。

 映画は、ブラックパンサー党員の母親のもとに生まれた2パックの幼少期から描かれるといい、レコーディングスタジオで強盗に襲われ、5発の銃弾を受けた事件や、それを発端にした東西ヒップホップ界の抗争などが映し出されていく。特報では、2パックのヒット曲「カリフォルニア・ラヴ」をバックに、迫力のライブシーンや「あなたは狙われているのよ」「みんな俺らの敵だ」といった意味深なセリフが収められている。

 「オール・アイズ・オン・ミー」は、12月から東京・新宿バルト9ほか全国公開。