人気スパイアクションの続編「キングスマン ゴールデン・サークル」の公開日が、2018年1月5日に決定した。あわせて、新予告と英米のエージェントの対照的な装いを捉えたティザービジュアルがお披露目された。

 前作は、表の顔はロンドンの高級テーラーながら、実態はどの国にも属さない世界最強のスパイ機関“キングスマン”の活躍と、新人エージェントであるエグジーの成長を描いた。今作では、キングスマンの拠点が謎の敵“ゴールデン・サークル”に壊滅されたことで、エグジーと、教官兼メカ担当のマーリンが、同盟関係にあるアメリカのスパイ機関“ステイツマン”に協力を求めることになる。初対面した英米のエージェントたちは、文化の違いを乗り越え、敵の陰謀を阻止しようと奮闘する。

 このほど公開された新予告では、ゴールデン・サークルのボス、ポピーが「キングスマンに“さよなら”よ」と言い放ち、キングスマンの拠点を爆破したことで、エグジーらがステイツマンのメンバーと対面する様子が描かれる。改造された傘や革のカバンを武器にスーツ姿で戦うキングスマンと、カウボーイ風の出で立ちで、ムチや特殊な投げ縄で戦うステイツマンそれぞれの激しいアクションシーンが収められている。

 エグジー役のタロン・エガートン、マーリン役のマーク・ストロング、エグジーのライバルであったチャーリー役のエドワード・ホルクロフト、死んだと思われていたハリー役のコリン・ファースが前作から続投するほか、ポピー役のジュリアン・ムーア、ステイツマンのメンバーであるテキーラ役のチャニング・テイタム、ジンジャー役のハル・ベリー、シャンパーニュ役のジェフ・ブリッジス、本人役で登場する歌手のエルトン・ジョンら豪華キャストが今作から参戦する。

 「キングスマン ゴールデン・サークル」は、2018年1月5日から全国で公開。