土屋太鳳が「鳥人間コンテスト」に挑む理系女子大生を演じた映画「トリガール!」の部活女子応援イベントが8月2日、都内で行われ、土屋と共演の間宮祥太朗が出席。2人が2人乗り自転車にまたがって登場すると、会場に詰めかけた女子中高生は悲鳴に近い歓声をあげた。

 一目ぼれした先輩に誘われ、人力飛行サークル「T.B.T」に入った毒舌女子大生・鳥山ゆきな(土屋)が、鳥人間コンテスト出場を目指し仲間と切磋琢磨する姿を描く。2人は劇中で着用していないメガネ&ツナギ姿で登壇しており、観客は「かわいい〜」。鳴り止まない声援に、土屋は「嬉しい! みなさん『トリガール!』に負けないエネルギーですね」と笑顔をはじけさせた。

 この日は部活動に打ち込む女子中高生約150人が招待されており、間宮はユニフォーム姿の女子に対し「良いですねえ!」とニンマリ。続けてロードバイクを駆る劇中シーンについて、土屋が「祥太朗が……」と口を開きかけると、客席から「ギャー!」と絶叫が沸き起こった。

 これに間宮は、目を丸くして「今の(絶叫)は何に?」と大笑い。気を取り直した間宮が「年は太鳳のほうが下なんですけど」と語ると、再び絶叫が場内を包み込んだ。観客は2人が下の名前を呼び捨てにし合う姿に大興奮で、間宮は「最初は『間宮さん』と呼んできたので、祥太朗で良いと言ったら、(か細い声で)『しょ、祥太朗〜』と呼んできた」と説明し、土屋は「恥ずかしいから、ごまかすために(笑)。今は普通に祥太朗と呼んでいます」とはにかんでいた。

 さらに部活女子から寄せられた質問に、高校時代は創作ダンス部で全国大会に出場した土屋と、野球部でピッチャーを務めていた間宮が答えることに。「挫折からどう立ち直る?」との問いに、土屋は「私はとことん落ち込んで、悔しがります。それからなぜ落ち込む、挫折するのかを日記に書くと、ちゃんと原因がわかってくるし、絶対に次からはこうしようと思えます」と真摯に話す。「失敗できない本番、どう立ち向かっていく?」には、間宮は「人の言葉を借りると、『本番で不安になるのは準備が足りないから』。演技パターンをしっかり準備していけば、安心して演技できると、そう言っている人がいます」と明かしていた。

 また、鳥人間コンテストの開催地である滋賀・彦根市のゆるキャラ・ひこにゃんも登壇した。「トリガール!」は、9月1日から公開。