大ヒットSF映画「パシフィック・リム」の続編「パシフィック・リム:アップライジング(原題)」の全米公開日が、2018年2月23日から同年3月23日へ1カ月延期された。米バラエティなどが報じた。

 ギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとった前作は、深海から現れた巨大生命体KAIJUと、人類が開発した人型兵器「イェーガー」との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。製作を手がける米レジェンダリー・ピクチャーズとユニバーサル・ピクチャーズは、続編の公開日を当初予定していた17年4月からたびたび延期してきた。

 続編は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボヤーガが主演を務め、前作でイドリス・エルバが演じたスタッカー・ペントコストの息子役を演じる。菊地凛子、バーン・ゴーマン、チャーリー・デイが続投するほか、新たにスコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スパニー、アドリア・アルホナらが共演。デル・トロ監督に代わり、スティーブン・S・デナイトがメガホンをとる。