「40歳の童貞男」「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」の監督・製作を手がけたジャド・アパトーが製作を務めた音楽コメディ「俺たちポップスター」の新たなミュージックビデオが公開された。劇中に登場するヒップホップグループ「スタイル・ボーイズ」がダンスをレクチャーする内容となる。

 「サタデー・ナイト・ライブ」でブレイクしたコメディグループ「ザ・ロンリー・アイランド」のアンディ・サムバーグ、ヨーマ・タコンヌ、アキバ・シェイファーが出演・製作と脚本(シェイファーとタコンヌは共同監督も兼任)を務め、スタイル・ボーイズからソロデビューしたコナー4リアル(サムバーグ)の栄光と挫折、再起をドキュメンタリータッチで音楽業界の風刺たっぷりに描く。元ビートルズリンゴ・スターマライア・キャリー、ファレル・ウィリアムス、アダム・レビーン(マルーン5)、エマ・ストーン、ジャスティン・ティンバーレイクといった豪華な面々が脇を固める。

 映像では、スタイル・ボーイズの代名詞ともいえるダンス「ドンキー・ロール」を4段階に分けて紹介。軽快なリズムに合わせて「腕を羽ばたかせる」「指先を地面に向ける」「古代エジプトの人物画を真似る」「全力でドンキー・ロール」とメンバーが振り付けを解説している。スタイル・ボーイズの面々に扮したザ・ロンリー・アイランドは、ギャグセンスはもとより音楽性が高く評価されており、2011年に発表したセカンドアルバムは全米チャートで初登場3位を記録するなど幅広く支持を集める。サムバーグは「僕らはプロデューサーからいろんなビートをもらってアルバムを作ったけど、この映画では、やりたいことがはっきりしていた。だからビートに合わせるんじゃなくて、僕らの考えにビートを合わせたんだ」とアルバム製作との違いを語っている。

 「俺たちポップスター」は、8月5日から東京・シネマカリテほか全国順次公開。