NHN PlayArtが展開するスマートフォン向けゲームアプリ「DAME×PRINCE(デイム×プリンス)」のテレビアニメ化が決定し、「ダメプリ ANIME CARAVAN」として、2018年1月から、TOKYO MX、BSフジほかで放送を開始することがわかった。

 原作ゲームは、弱小国家・イナコの姫であるアニが、武力国家・ミリドニアと、宗教国家・セレンファーレンとの和平調停のため、調印式の会場であるセレンファーレンを訪れたことをきっかけに、個性的な王子たちと出会い、絆を育んでいく様子を描く。アニメ版「ダメプリ」では、恋愛要素をエッセンスとしながらも、王子たちとのノリのいいかけ合いを軸とした成長物語が、各話完結方式で描かれる。

 なお、メインキャストは原作ゲームから続投。ミリドニアの第一王位継承者で、ナルシストのナレクを石川界人、ミリドニアの筆頭貴族で極度の女好きのヴィーノを梅原裕一郎、セレンファーレンの皇太子で、国民から熱烈な支持を受けるアイドル的存在のリュゼを斉藤壮馬、リュゼの弟で引きこもりのメアを木村良平が演じる。また、アニの兄的存在であるテオ役は前野智昭、騎士道精神を重んじるミリドニアの騎士・リオット役は武内駿輔、セレンファーレンの宰相・クロム役は竹本英史、グリフォンを自称するアニの守護獣・グリまる役は齋藤彩夏が担当する。アニ役の声優は発表されていない。

 制作スタッフは、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」の星野真を監督に迎え、シリーズ構成として「魔法少女リリカルなのはViVid」でメインライターを務めた小林成朗、キャラクターデザインとして「くつだる。」の渡辺るりこが登板。アニメーション制作は「くつだる。」に制作協力として参加したスタジオ フラッド、アニメーションプロデュースはAZクリエイティブが行う。さらに、キャラクター原案としてアリクイ堂、シナリオ監修としてStoryWorksといった、原作ゲームのスタッフも参加する。

 そのほか、同作のオープニング主題歌を、DAIGO がボーカルを務める3人組ロックバンドの「BREAKERZ」が担当することも決定している。