「孤高の遠吠」の小林勇貴監督が商業映画デビューを果たす「全員死刑」が、11月18日に公開されることが決定。あわせて“胸割りのタトゥー”が強烈なインパクトを放っている主演・間宮祥太朗らを写した劇中カットや、メイキング写真もお披露目された。

 本作は、2004年9月に発生し、被告である家族4人に死刑判決が下りながらも未だに事件の全容が解明されていない「大牟田一家4人殺害事件」に迫った鈴木智彦氏の著作「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊行)を原作とする物語。借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の大金強奪計画を実行。やがて無謀な計画が原因となり、連続殺人事件へと発展していくさまを、実行犯の次男・タカノリ(間宮)の視点で描く。

 背中から胸にかけてぱっくりと割れたタトゥー姿の間宮が憂いを帯びた表情を浮かべている劇中カットは、色気と危険なオーラがムンムンと漂っている1枚。そのほか、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)、ヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、姑息な兄・サトシ(毎熊克哉)といったヤクザ一家の面々、タカノリの恋人・カオリ(清水葉月)の姿が確認できる。

 メイキング写真では、間宮の肉体にタトゥーをデザインしている光景を活写。「孤高の遠吠」では本物のヤンキーたちを出演させるという驚きの手法で映画界を揺るがせた小林監督。本作でも“リアル”を追求する姿勢は変わらないようで、間宮の肉体に現れたタトゥーは、まるで本物と見間違うかのようなクオリティだ。

 「全員死刑」には、落合モトキ、藤原季節、鳥居みゆきも出演。11月18日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほか全国順次公開。