ジョン・ウー監督の最新作で、福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演した「追捕 MANHUNT(原題)」が、第74回ベネチア国際映画祭に正式出品されることが決定した。

 映画祭ディレクターのアルベルト・バルバラが8月7日(現地時間)に発表したもの。中国・香港合作の本作は、アウト・オブ・コンペティション作品として世界初披露される。福山は是枝裕和監督と再タッグを組んだ「三度目の殺人」がコンペティション部門に出品されており、世界3大映画祭のなかで最も歴史ある同映画祭で脚光を浴びることになりそうだ。

 佐藤純彌監督、故高倉健さん主演の「君よ憤怒の河を渉れ」(1976)の原作である、西村寿行氏の同名小説の再映画化し、全編日本ロケを敢行。殺人の濡れ衣を着せられた国際弁護士・杜秋(ドゥー・チウ)役のチャン、杜秋を追う敏腕警部・矢村聡役の福山をはじめ、ハ・ジウォン、チー・ウェイと日中韓のスターがそろう。日本人では國村隼、桜庭ななみ、池内博之、竹中直人、TAO、倉田保昭らが名を連ねる。日本では2018年公開予定だ。

 本作のほか、特別上映作品「L’Ordine Delle Cose(原題)」(アンドレア・セグレ監督)、ベネチア・クラシック部門のドキュメンタリー映画「L'Enigma di Jean Rouch a Torino(原題)」(マルコ・ディ・カストリ、パオロ・ファバロ、ダニエレ・ピアンチオラ監督)がラインナップに加わった。第74回ベネチア国際映画祭は8月30日〜9月9日(現地時間)に開催。