SF映画「メッセージ」の製作会社フィルムネーション・エンタテインメントが、テレビドラマの制作に進出すると、米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 同社はこのほど、新ドラマ「ホワイト・ファー(原題)」の企画開発を行う契約を米アマゾン・スタジオと結んだ。原作は、今春出版されたジャーディン・リベアー氏の恋愛小説「White Fur」で、1980年代のニューヨークを舞台にした、身分の違う男女のラブストーリーだ。リベアー本人が脚本を執筆し、「今日、キミに会えたら」「ロスト・エモーション」のドレイク・ドレマス監督がパイロット版の演出を手がける予定だという。

 映画のセールス会社として発足した同社は、その後映画製作を開始。「メッセージ」や「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」、サンダンス映画祭で話題を集めた「The Big Sick」など作家性の高い小中規模の作品を手がけており、今後もスティーブン・ソダーバーグ監督の「ローガン・ラッキー(原題)」など、注目作が控えている。