「HiGH&LOW」劇場版シリーズの新作「HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY」の完成披露プレミアイベントが8月9日、東京国際フォーラムで行われた。ステージには“全員主役”というコンセプトのもと、60人の登壇者が集結。企画・プロデュースを務めたEXILE HIRO、共同でメガホンをとった久保茂昭監督と中茎強監督、脚本家・平沼紀久に加え、キャストの岩田剛典、黒木啓司、山田裕貴、窪田正孝林遣都、中村蒼ら豪華キャストの登場に、約4000人のファンが集った会場は熱狂の渦に包まれていた。

 「山王連合会」「WhiteRascals」「鬼邪高校」「RUDEBOYS」「達磨一家」の5つのチームが競い合う「SWORD地区」で起こる一大抗争を描いた本シリーズ。劇場版第2作では、そこへ悪名高いスカウト集団「DOUBT」、武闘派集団「プリズンギャング」、カジノ建設を目論む反社会組織「九龍グループ」、その陰謀を暴こうとする琥珀と九十九、雨宮兄弟、傭兵チーム「MIGHTY WARRIORS」が入り乱れ、未曾有の緊張状態へと突入するさまを映し出す。HIROは「ここにいる素晴らしいキャストやスタッフとチーム一丸となって、日本映画史上最高のエンタテインメントが完成できたなと思っています。何回見ても楽しめるはず」と自信をにじませていた。

 「山王連合会」リーダー・コブラ役の岩田は「撮影期間中に誕生日を迎えたんですけど、その時に『山王連合会』のメンバーがサプライズでお祝いしてくれたのが最高でした」とニッコリ。次の日の撮影現場でも誕生日を祝ってもらったようだが「撮影用の車に“ウェディングケーキ”を乗っけてくれて…」と発言すると、進行役を務めたNAOTOから「ウェディングケーキではないよね(笑)。かわいいなー!」とツッコまれてしまった。まさかの言い間違いに赤面する岩田に対して、場内からは悲鳴にも似た歓声が挙がっていた。

 「WhiteRascals」を率いるROCKYを演じた黒木はアクションシーンについて「ただの暴力にならないように、拳を交えるにしても、ひとつずつ愛のメッセージを込めた」と明かすと、“悪のカリスマ”林蘭丸役として初参戦となった中村は「なんで自分なんだろう」とオファーに不安を抱いていたようだが「レギュラーチームの方々が温かく迎えてくれました」としみじみ。「鬼邪高校」の村山役を演じた山田は「これまでのシリーズでは『達磨一家』の日向(林)と対峙することはなかったんです。今回の共演シーンで『達磨一家』だからこそ言ってやりたいアドリブがあって、それが本編で使われているので是非確認して見てください!」と同作の注目ポイントを明かしていた。

 なお、そのほかに登壇したキャストは以下の通り。「山王連合会」(鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾)、「WhiteRascals」(遠藤雄弥、稲葉友、柳俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝)、「鬼邪高校」(鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将)、「RUDEBOYS」(佐野玲於、ZEN、佐野岳)、「達磨一家」(阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴)、「DOUBT」(秋山真太郎、武田航平)、「プリズンギャング」(関口メンディー、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕)、「MIGHTY WARRIORS」(ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYA)、「九龍グループ」(橘ケンチ、小林直己、小野塚勇人)、TAKAHIRO、登坂広臣、AKIRA、青柳翔。「HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY」は、8月19日から全国公開。