「NO」「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」で知られるパブロ・ラライン監督が、ガエル・ガルシア・ベルナルと再タッグを組んだ「ネルーダ(原題)」が、「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」の邦題で11月11日から全国公開されることが決まった。

 本作は、詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的英雄パブロ・ネルーダを描くサスペンス。詩人でありながら、共産主義の政治家として活動していたネルーダは、第2次世界大戦後、チリ政府から追われるようになり、生涯の大半を逃亡生活に費やした。映画は、1948年、逃亡中のネルーダの1年間に焦点を当て、代表作である叙事詩「大いなる歌」が生み出された背景に迫る内容となる。

 チリの上院議員で共産党員のネルーダ(ルイス・ニェッコ)は上院議会で政府を非難し、ビデラ大統領から弾劾されてしまう。大統領は警察官ペルショノー(ベルナル)にネルーダの逮捕を命じ、ネルーダとペルショノーの追いつ追われつのバトルが幕を開ける。

 ネルーダ役を務めるのは、「NO」にも出演したチリの人気俳優ルイス・ニェッコ。近年では、Netflixオリジナルドラマ「ナルコス」にも出演し、活動の幅を広げている。「バベル」や「ノー・エスケープ 自由への国境」のベルナルは、ネルーダを追うペルショノー役に扮し、国に従事するも次第に享楽的なネルーダに魅了されてしまうさまを愛嬌(あいきょう)たっぷりに演じている。

 「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」は、11月11日から東京・新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。