米俳優トム・クルーズが、主演最新作「ミッション:インポッシブル6(仮題)」のスタントで負傷した模様だ。

TMZが入手した映像によれば、クルーズはビルの屋上から別のビルに飛び移るスタントを自ら敢行。だが飛距離が足らず、隣の建物の側壁に腹部を激しく打ちつけている。命綱があったため大事には至らなかったが、片足を強打したようで、足を引きずる姿が目撃されている。

怪我の状態や撮影の影響について、TMZは製作を手がけるパラマウント・ピクチャーズやクルーズの広報担当に問い合わせているが、返答はないという。ちなみに「ミッション:インポッシブル6(仮題)」には、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィンが続投するほか、ヘンリー・カビル、バネッサ・カービー、アンジェラ・バセットらが出演。脚本・監督は、前作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」に続きクリストファー・マッカリー監督。2018年7月27日の全米公開を目指している。