ジャン=リュック・ゴダール監督、ブリジット・バルドー主演の「軽蔑(1963)」デジタルリマスター版が、9月30日からYEBISU GARDEN CINEMAで公開される。

 アルベルト・モラビアの同名原作をゴダールが脚色・演出。女優と脚本家の夫婦の前にアメリカから来た映画プロデューサーが現れ、三角関係から夫婦の愛のバランスが崩れていく様を描いたドラマ。イタリア南部の地中海を臨むカプリ島の風景、美しい色彩設計と音響も高く評価されている。

 女優のカミーユをバルドー、脚本家の夫をミシェル・ピッコリ、プロデューサーをジャック・パランスが演じる。フリッツ・ラング監督が本人役で出演している。

 「軽蔑(1963)」デジタルリマスター版は、9月30日からYEBISU GARDEN CINEMAで公開。